まずインテリアを重視したリフォームを計画する場合は、考え方として2通あります。

  • 部屋全体にカラーを付ける
  • 部屋全体のベースカラーをホワイト系にし棚板や小物でインテリアを彩る空間にする
この2通があります。

多くのケースが「2」のベースカラーをホワイトにし小物を使ってインテリアを表現するほうです。インテリア小物は変えの交換が利きますし、配置替えも自由にできます。

一方、部屋全体にカラーを付けるほうは、上手く仕上げることができれば非常におしゃれな空間になりますが、失敗が許されず一回塗装によって色を付けてしまうと、再度カラーを変えるのは難しいし時間もかかる。

リフォームで色を加えるキッチンに

当サイトでデザインしたキッチンもホワイトカラーをベースにしているものがほとんどです。

しかしここ最近、デザインした中でカラーを付けたキッチンがあります。

カラーを付けるのは非常に難易度が高い。
カラーを付けたキッチンをデザインする時、パースや硬紙で模型を作ったりしながら色のバランスを見ては調整していました。

以下がカラーを付けたキッチンです。



バックの壁をオレンジ色にすることによって緑色の観葉植物の持ち味はグっと引き出されます。(オレンジと緑は相性が良い組み合わせ。また青色ともマッチします。)

インテリアを意識するならこのことは覚えておきましょう。

観葉植物を組み合わせるならバックの壁はオレンジ色意外にもオレンジを薄くしていきアイボリーの範囲まで。

また茶系統でも観葉植物がうまく馴染みます。例えばレンガなど。

上記の写真のように部分的に色を変えるとインテリアとして質を高めることになりますが、非常にハイレベルです。キッチン全体の雰囲気を壊しては本末転倒です。キッチン全体の雰囲気(カラー)に合わせて色を変えなければいけませんし、色を変える面積が大きすぎても小さすぎてもインテリアの質をたかめるおしゃれな空間にはなりません。

このため、DIYで部分的にカラーを変えるというのであれば、雑誌をよく見たり、インテリアに詳しい人に相談することをおすすめします。(基本、ホワイトは何でも合います。)

DIYでもできるキッチンに飾り棚を設ける

キッチンでインテリアにこだわる方が多く質問の中で、おしゃれな空間にしたいという内容のこともよくお問い合わせのメールできます。

この質問に対する答えとしてキッチンでインテリアの質を高めるために、飾り棚を設けることを勧めています。

飾り棚でしたらDIYでもちょっと難しいかもしれませんが素人さんでもできます。

そして飾りに役立つ小物(観葉植物、ガラス(アクリル)質の小物、ステンレスの小物)。それとお皿やグラスを飾ってみてはとお伝えしています。

「インテリア向けの小物は分かるけど、お皿・・?グラス・・?」と以外な答えが返ってきたことに驚く方が多いのですが、お皿やグラスはインテリアの質を高める貴重なアイテムになります。

と文章だけでは分かりにくいかと思いますので写真と共にお伝えしていきます。

どのようなグラスを置くか。どのようなお皿を置くかは、クライアント様のセンスによりますが、どのデザインのグラス(お皿)がおしゃれに見えるかは実際に並べてみることです。何度か並びかえていくことで、位置関係やどのグラスを置いたらいいかつかめてきますし、センスも磨かれていきます。

(お皿やグラスの間にちょっとした観葉植物を組み合わせることでインテリアの質を一気にた高めることもできます。)

インテリアを考えると何通りもあり、極端な話になりますが、スパイスに興味がある方は100均で買った同じデザインのビンをいくつも購入しスパイスによってビンを変え並べるだけでキッチンのインテリアとして仕上がります。

そのためにも、まずは見せる棚を作ることです。

まとめ

現在のキッチンのデザインは、いかにシンプルに統一するかいうところに集中しています。これに異論はないのですが、インテリアを考える上で、ちょっと寂しいですよね。これからキッチンリフォームを考える方は、シンプルな中にインテリアを組み合わせるためにちょっとした棚を計画をしてみてはどうですか?