ヒデボンヒデボン

あかん・・。さっぱり分からん。
リフォームしたいねんけど、どの会社に工事を依頼したら良いのか全く分からん・・・。


ムッチームッチー

リフォーム会社を決めることは、工事計画を考える中で一番重要なことです。
今回は、リフォーム会社の選び方についてお伝えしていきますね。


リフォーム会社を選ぶ3つの基準

  1. 提案力から選ぶ
  2. 相性から選ぶ
  3. 見積書(相見積)から選ぶ
ムッチームッチー

この3つの基準にマッチしたリフォーム会社が、あなたと工事契約を交わす会社と考えてください。
あなたは、この基準に沿ってリフォーム会社を探すことになります。
3つの基準については、3回に分けて詳しくお伝えしていきます。

まずは、【1、提案力】から!

提案力を基準にしたリフォーム会社の選び方

提案力を基準にリフォーム会社を選ぶ際には

  • 優先順位から的確な提案をしてくれるかどうか
  • クライアントの言いなり会社ではないか
  • 提案力で得意・不得意を見る

この3つのポイントに意識してください!

では具体的に、この3つのポイントについて掘り下げていきます。

優先順位から的確な提案をしてくれるリフォーム会社を選ぶ

希望通りのプランで見積もってもらったら予算を大きく上回っていた、ということはよくあることです。

予算オーバーになった時の対処の仕方は

  • リフォーム会社からコストダウンの提案を受ける

大きくコストダウンにつながる工事かどうかは、工事を請け負うリフォーム会社にしか分かりません。

工事の中には、ほんの少しの工事を変えるだけで大きくコストダウンにつながるものもあれば、大きく省いたはずなのに、ほとんど金額が変わらないというのもあります。

リフォームは、新設の部分と既存の部分が複雑に絡み合っています。

そのためココを変更すれば金額が下がるというほど簡単なものではありません。

ここで提案力が試されます。

どの工事を省くことで効率よくコストダウンにつながるか?
これを知っているのは、工事を請け負うリフォーム会社です。

減額案を見る上で重要なのは、クライアントの要望を優先した減額案であるかどうかです。

予算内に工事費おさえることは重要です。しかしもっと大切なことは、要望を叶えることです。

ただ単にコストダウン策を考えてもらうだけでは、工事した後に必ず後悔することになります。

クライアントの要望を優先した減額案であるかが重要です。

リフォーム工事の優先順位について

優先順位には、「クライアント様が望む優先順位」と「住まいに対する優先順位」があります。
クライアント様が望む優先順位は、
古くなった設備機器(キッチン・浴室)の取り替えや、子供が独立するなどライスタイルに応じた間取りの変更など暮らしに関わることがメインとなっています。
住まいに対する優先順位は、
土台・柱が腐っていたり、耐震性に乏しい構造などクライアントの暮らし関わりがない内容です。
クライアント様が望む優先順位に合せてリフォーム計画を進めることがベストなのですが、建物の状態によっては、そうもいかないことがあります。
例えば築20年以上の建物で、

  • 水回り(浴室・洗面室・トイレ)を一室にまとめる
  • ユニットバス・洗面化粧台・便器の取り替え
  • バリアフリー(床面をフラットにする・手摺を設ける)

といったリフォーム計画を希望しているクライアント様がいます。

クライアント様の要望は上記の3点です。

しかし、築20年以上ともなると、土台や柱・大引(建物を支える重要な構造材)などが傷んでいる可能性が非常に高い。

浴室や洗面室の床下を調べて、もし土台や柱などが傷んでいる場合には、その傷んでいる部分の補修を優先します。

(補修工事の内容は、傷んでいる部分を切り取り、新たな部材で継ぎ直す。)

補修費用は、傷んでいる部分・箇所数によりますが洗面化粧台の取り替えと同程度の費用が発生します。

つまり、補修工事を優先させた場合には、3つの要望の中から予算に合せて工事を絞らなければいけません。

工事を請け負うリフォーム会社としては、クライアント様の要望に沿った工事をしてあげたい。

しかし、ここで求められるのは誠実さです。

言いなりのリフォーム会社に要注意

クライアントの希望をなんでも聞き入れるリフォーム会社がいます。

クライアントのことを考えているような感じがします。

上記で記載した築20年以上の建物で、

  • 水回り(浴室・洗面室・トイレ)を一室にまとめる
  • ユニットバス・洗面化粧台・便器の取り替え
  • バリアフリー(床面をフラットにする・手摺を設ける)

のリフォーム計画を例にすると
土台や柱など構造上主要な構造材が傷んでいることが分かっているのに、クライアントの言いなりで工事を進める。

見た目は綺麗になっても、すぐにどこかの床がきしみだします。
あるいは、構造材が弱くなることで外壁に亀裂が入りやすくなります。この亀裂から雨水が浸入し、構造材の傷み具合が深刻化する。

注意すべきは、クライアント様自身が要望に沿った工事をしてくれる言いなり会社を良い会社と思い込まないこと。

優先すべきは、建物を支える構造材の補修工事です。

結局、新しく張り替えた床をばらして構造材を補修するため2度手間になり費用もその分かかることになります。

後からリフォーム会社に苦情を言っても、お客様に言われたことを優先して工事しただけですと言われるだけです。
言いなり会社を良い会社とは思わないこと!

提案力で得意・不得意を見る

提案力を見ることによって、施工会社の得意・不得意が見えてきます。

リフォーム会社は、全ての工事に対し必要な知識を持ち、経験を持っているわけではありません。

例えばマンションと戸建て木造住宅のリフォーム工事

マンションのリノベーション(リフォーム)ばかりをしていた施工会社が、木造住宅リフォームの提案をすることができるかと言うと難しいでしょう。

鉄筋コンクリートと木造とでは、構造が大きく違うからです。

木造戸建て住宅は、屋根・外壁・構造強度(耐震診断)・劣化に対する補修工事などの知識が要されるのに対し、マンションは、ほぼ内装だけを気にすれば良い。

マンションリフォームを数多く手がけているからといって、木造住宅リフォームもできるとは限りません。

天然素材は得意・不得意によって完成度が大きく異なる

壁や天井に貼るクロス工事のような一般的な工事は、どのリフォーム会社も知識・経験を持っています。

しかし、リフォーム会社の中には、無垢材・漆喰・珪藻土などといった天然素材に関する知識や経験をあまり持たない会社もあります。

無垢材のフローリングのような天然素材は、知識・経験が必要になってきます。

一般的に使われているフローリングは工業製品です。
工業製品のフローリングは品質が一定しています。

対して無垢材は、品質がバラバラです。

同じメープル材であっても一枚・一枚の品質は違ってきます。

無垢材に関する知識があるリフォーム会社であれば、適切な品質の素材を揃えることができ、価格にしても予算に合せて提案することができます。

しかし、知識がないリフォーム会社は品質と価格の関係を知らないため、お客様に提案することができません。

【質問をうまく使おう】
提案力から得意・不得意分野を見るためには、複数のリフォーム会社に見積依頼することです。

複数のリフォーム会社に見積依頼することは、単に金額を比較できるだけでなく、工事に関する知識を得ることができ、得意・不得意分野をも知ることができます。
各会社の得意・不得意分野を知るためには

  • A社から仕入れた知識をB社に質問する。
  • C社から仕入れた知識をA社に質問する。

といったように、各リフォーム会社からの提案を比較するだけでなく、質問をすることでより深く各会社の得意・不得意分野を知ることができます。

テルボンテルボン

例えば
無垢材は乾燥すると木表が反る
こういう意見はどのリフォーム会社も知ってること。

質問するなら、具体的なこと。

例えば、A社から

無垢フローリングの中でも変形が少ない樹種はメープルと聞いたとする。

B社・C社に

知り合いからメープルのフローリングは変形が少ないから良いと聞いたのですが、実際のところどうなのですか?
と質問してみる。

あまり知識や経験がない会社は一般的な意見で済ますことが多い。

基本、無垢材は塗装しない限りは、乾燥・収縮に伴って変形します。っていう感じで。

経験や知識がある会社は

確かにメープルは変形少ないです。変形が少ない樹種を選ぶならオーク、ウォールナット、ナラも少ないほうです。ただ、比重が重く硬いので施工性は悪く手間がかかりますし、値段も高い。
といったような具体的な意見が返ってくる。
こういう具体的な意見が返ってくる会社は要チェック!

提案力がある会社に属している職人さんは腕がある

リフォーム会社の社長さんが、釘とハンマーを持って大工仕事をするわけではありませんし、ハケを持って塗装するわけではありません。

大工仕事をするのも、ハケを持って塗装するのも職人さんです。

つまり職人さんの善し悪しによって仕上がりは大きく違ってきます。

無垢のフローリングを隙間なく貼れるのは、職人さんの腕がいいからです。

壁に塗る漆喰やジョリパッドの模様を綺麗に仕上げることができるのは、職人の腕がいいからです。

【提案力があるリフォーム会社に属している職人さんは腕がある】を一つに目安に考えていいでしょう。

色々な提案ができるのは、色々な経験をしてきたからです。
必ずしも腕がある職人がいるとは言い切れませんが、大きな目安になります。

まとめ

提案力は、リフォーム会社を選ぶ時の大きな基準となります。

リフォーム会社の提案力を見るときには

  • 優先順位から的確な提案をしてくれる
  • 言いなりのリフォーム会社には要注意
  • 提案力から得意・不得意を見る

を最重要視することです。

そして、複数のリフォーム会社に提案を頼んでください。
1社であれば、出てくる提案の善し悪しを判断することができません。

目標は3社以上。そして5社未満。

多すぎても、提案をまとめきれず混乱してしまうだけです。

3社に提案を求めることで、きっとあなたに適したリフォーム会社を見つけることができます!