ミキッテンダーミキッテンダー

リフォーム計画の進め方は、大きく分けると【A】と【B】の2つあります。


シーゲッテルシーゲッテル

君ならどっちを選ぶ?


ヒーボーヒーボー

っと言われましても・・
ん~~・・分からん・・。


ターボーターボー

ハッキリせんかい!
重要なところやぞ!


ヒーボーヒーボー

いきなり、こんなん言われても分からんって・・。
どっちのほうが良いかなんて・・。


ミキッテンダーミキッテンダー

そうね。いきなり言われても分からないですよね。
では、【A】【B】のメリット・デメリットをこれからお伝えします。

リフォーム計画の進め方【A】のメリット・デメリット

メリットは、複数のプランを比較することができる
デメリットは、リフォーム金額を比較できない

【A】のメリット・デメリットについて詳しくまとめていきます。

リフォーム計画【A】のメリット

お客様は複数のリフォーム会社にプラン作成・見積依頼をします。

【A】のメリットはプランを比較できるところにあります。

リフォーム計画【A】のデメリット

デメリットは、リフォーム金額の比較ができない。
理由は、見積金額や工事計画は、各プランによって違ってくるからです。

A社・B社・C社は、絵のようにそれぞれのプランを作成します。
間取りが異なるだけでなく仕上げも、それぞれの会社によって異なります。

  • A社:漆喰塗り・・160万円
  • B社:クロス・・109万円
  • C社:シナ合板の上OSCL仕上げ・・193万円

A社の見積金額が適正価格なのか?
同様にB社・C社が適正価格なのか?

各社のプランが異なれば、見積金額は変わってきます。
つまり見積金額の比較をすることができないということです。

工事計画にしても同じことが言えます。
着工~竣工までの工事日数は、これで良いのか?もっと早くに済ますことができるのではないか?

プランが異なれば、工事計画も変わるため、比較することができません。
【A】のデメリットは、リフォーム金額などを比較できない

リフォーム計画の進め方【B】のメリット・デメリット

メリットは、リフォーム金額を比較できる
デメリットは、プランを比較できない
(気に入らなければ別の会社を探さなければいけない。)

【B】のメリット・デメリットについて詳しくまとめていきます。

リフォーム計画【B】のメリット

一つのプランに対してリフォーム会社が見積を行います。
条件が一つに絞られているため、提案能力・見積金額などが比較しやすい。

予算に対してどのリフォーム会社に工事を依頼したらよいかが把握しやすくなる。
また見積条件が同じであるため、工事に対する考え方なども比較することができる。
【B】のメリットは見積金額などを比較することができる。

リフォーム計画【B】のデメリット

お客様とプランニングする会社の相性などがマッチしていれば、プランがきまりやすく次の工程(見積依頼)にスムーズに進むことができます。

しかし、双方の考えにズレが生じれば、思うようにプランが決まらず最終的にはプランニングする会社を変えなければいけません。

【B】のデメリットはプランを比較することができない。

伝えたいことを上手く理解し図面にしてくれる。
このような会社は、お客様との相性が合っている可能性が非常に高い。リフォーム計画を共に進めるパートナー選びの候補としておさえておおきましょう。

まとめ

ミキッテンダーミキッテンダー

いかがでしたか?
【A】と【B】のメリット・デメリットを聞いて、あなたならどちらを選びます?


ヒーボーヒーボー

すごく重要ですね。
僕は、【B】の進め方を選ぶかな。

【A】と【B】には、それぞれメリット・デメリットがある。。

【A】
メリット・・リフォームプランを比較できる。
デメリット・・リフォーム工事の見積金額を比較できない

【B】
メリット・・リフォーム工事の見積金額を比較することができる
デメリット・・リフォームプランを比較できる