ヒーボーヒーボー

I型から対面式キッチンにリフォームにすることで後悔したっていう人の話を少し聞いたんですが、失敗することってあるのですか?
キッチンの性能はよくなってるわけだし、対面にすることで作業性もアップする。なぜ後悔するのか?理由が分からないのですが・・。


ミキッテンダーミキッテンダー

失敗の原因は、キッチンの機能性などではなく、違うところにあります。


I型から対面式キッチンにリフォームする時、失敗を防ぐため絶対に確認しておきたい2つの対策。

  • 高さ
  • 面積
図面では、うまく収まってるように見えても実際に使ってみると

  • キッチンが狭くて作業しにくい・・・
  • ダイニングやリビングが狭くなって暮らしにくい

といったことになってしまいます。

ミキッテンダーミキッテンダー

では、どういったところに気を付ければいいかについて見ていきましょう。

キッチンの高さ対策

高さは作業性と大きく関連しています。

ワークトップの高さは作業しやすい?

キッチンを取り換える時、絶対に確認しなければいけないワークトップのたかさ。

身長に合わない高さで調理すると疲労の原因になってしまいます。

ワークトップの高さは、身長によって異なります。
知らない方は
身体に合ったワークトップの高さ
を必ず見ておいてください。

手元を隠さなくても大丈夫?

対面式キッチンにするとLDの方を見ながら作業できます。対面式の魅力の一つですね。

でも、調理している時やお皿を洗っている時、手元を見られることになります。

I型キッチンだったころは、手元を隠す・隠さないについて考えたことはないと思います。

そのためI型から対面式キッチンにリフォームする方は、手元について深く考える人はいません。

しかし、実際に使った後で
「この腰壁の高さをもう少し高くすればよかった」
と後悔する方がいらっしゃいます。

理由は、お皿を洗っているところや、調理しているところを見られるのが嫌だから。

ミキッテンダーミキッテンダー

あなたは、作業している手元を見られても大丈夫?それとも嫌?


ヒーボーヒーボー

そう言われると、ちょっと気になるかも。


ターボーターボー

わしは、見られても大丈夫やな。むしろ、見てほしいわ

腰壁は手元を隠す以外にも

  • カウンターを設けてくつろぎの場にする
  • 腰壁に収納もしくは飾り棚を付けることで機能性を持たせる

といった色々な使い方をすることができます。

あなたの考えや暮らし方に合わせたプランを立ててみましょう!

対面式キッチンとLDの関連性
ではキッチンの腰壁についてまとめています。

面積に注意してリフォームプランを考える

機能性だけでなくダイニング(リビング)との関連性を深めるなど対面式キッチンには、I型キッチンにない魅力が備わている。

そのため、LDK(DK)に余裕ある広さがないのに無理してでも対面式キッチンを導入してしまう。

図面では収まってるように見えても実際に生活してみると窮屈で暮らしにくい空間となってしまいます。

I型から対面式キッチンにリフォームした後、失敗したと後悔する一番の理由は、この面積的な要因が最も大きい。

後で後悔しないため、対面式キッチンに必要な寸法がどのくらいかを知っておきましょう。

【対面式キッチンに必要な寸法
背面の食器棚+通路+キッチン本体の奥行寸法を合わせると2400mm(2m40cm)となります。
2m40cmが対面式に必要最低限な寸法の目安。(食器棚・キッチン本体の奥行寸法によって変わる)

通路の幅1m~1m20cmがベスト。それよりも狭くなったり広くなったりすると使いにくいキッチンになってしまいます。

【I型キッチンに必要な寸法】

対して、壁付のI型キッチンは調理時に人が動く必要な有効寸法(70cm)を含め1400mm(1m40cm)で済みます。

I型から対面式キッチンにリフォームすることによって約1mセットバックすることになります。

そして、この1mはダイニング(リビング)を狭くしてしまう。
ヒーボーヒーボー

LDが暮らしやすい間取りかどうかはどうやって確認すればいいんですか?


ミキッテンダーミキッテンダー

良い質問です!
まずは、家具(ダイニングテーブル・ソファなど)の大きさを測っておくこと。
そして家具設置後、壁との間の寸法を測ることでLDが暮らしやすい間取りかを確認することができるの。
詳しくは、時間がある時に
リフォーム計画に欠かせない家具のレイアウトから間取りを考える
を見ておいてね。

対面式キッチンにリフォームしたい!
でも、面積に余裕がないという場合は、その時に応じて間取りを変えられるキャスターが付いた可動式のカウンターを作る、もしくは購入するという考え方がベスト。工夫次第でいくらでも機能性やデザイン性を高めることができます。

もしくは、設計事務所にキッチンプランを考えてもらうという方法もあります。。オーダーメイドにしかできない魅力的なプランを用意してくれます。

まとめ

I型から対面式キッチンにリフォームする時は、

  • 腰壁の高さについて考える
  • ワークトップの高さについて考える
  • 対面式にすることでキッチンの面積が増え、L・Dの面積が減るため家具の大きさを含めた寸法確認が必要
ヒーボーヒーボー

家具を含めた寸法確認とか面倒やな・・。
でも後で失敗したと後悔したくないから要チェック