I型から対面式キッチンへに変える。そして、LDKの内装も一新するリフォーム工事の費用は全体で約197万円

ヒーボーヒーボー

これは、高いの?それとも安いの?


ミキッテンダーミキッテンダー

安いほうに入りますね。でも、まだ落とすことは十分に可能です。
本体のグレードや内臓されてる設備機器を外すことで安くすることはできます。


ヒーボーヒーボー

キッチン本体以外の工事でも費用を抑えることはできるのですか?


ミキッテンダーミキッテンダー

できますよ。
でも、それほど大きく費用を抑えることはできないでしょうね。
できたとしても、10~20万円ってとこかしら。


ヒーボーヒーボー

キッチンの取り換えを含むLDKリフォームはキッチン本体の値段で大きく変わってくるんですね。


ミキッテンダーミキッテンダー

そうね。
下記に記載している内訳のようにキッチン本体(取付費込み)が全体の約6割を占めてるから、予算との摺り合わせはキッチン本体価格でほぼ決まります。

リフォーム内容

LDKの面積は約25㎡。

古くなったI型タイプを対面式キッチンに買い替える(システムキッチン:中級品・ビルトイン食器洗浄機付き)。
キッチンリフォームと共にキッチン部・ダイニングとリビングの天井と壁の仕上げも新たにします。仕上げはクロス仕上げ。床は、フローリング貼り換え。

対面式キッチンにしLDKの内装を新しくするリフォーム見積金額

以下、キッチンの交換とLDKの内装を一新するリフォーム工事の内訳金額です。

解体・撤去工事

設備機器(現在取り付けられているキッチンやレンジフード)・廃材などの撤去

解体・撤去工事の見積費用 約73,000円

内装工事

天井・壁はクロス張り。(古いクロスを剥がし下地処理した上に新しいクロスを貼る。)床はフローリングの貼り換え。(古いフローリングを剥がして新しいフローリングを張る。)コンロ回りの壁はキッチンパネル。

内装工事の見積費用 約234,000円

木工事

フローリング貼り換え。キッチン撤去部や配管に伴う解体部の補強。キッチンとダイニングの間の新設間仕切り壁と造作カウンター。幅木の取り付けなど。

木工事の見積費用 約226,000円

給排水設備工事

給排水の配管工事。キッチンの移動距離は1m程度。

給排水設備工事の見積費用 約110,000円

電気工事

配線・スイッチ・コンセント・照明器具(キッチン用)

電気工事の見積費用 約118,000円

キッチン本体と取り付け工事

対面式キッチンの取り付け。キッチンの間口は2550mm。食洗機付きでキッチン上部には吊り戸棚を設置。キッチン背面の食器棚も含む。

キッチン本体(付属品含む)と取り付け工事の見積費用 約1,075,000円

諸経費

諸経費の見積費用 140,000円

トータルの見積金額(税抜き)

トータルの見積金額(税抜き) 1,976,000円

壁付(I型)から対面式キッチンにリフォームすると費用は高くなる

壁付のI型タイプから対面式のキッチンに買い換える場合、費用は高くなります。

以下費用がかかる主な理由についてまとめているのでご覧下さい。

I型から対面式キッチンに変えると費用が高くなる理由

対面式タイプは、壁付のI型タイプよりも機器代が高いことが多く食器棚の費用も加算される。最近ではワークトップが広くフラットであり見栄えも良く、機能性が高いタイプが増えている。その分費用は高くなります。

また、対面式にする場合、カウンターや下がり壁を造作するため木工事の費用が高くなります。

キッチンが移動すると給排水工事の費用が高くなる

大きくキッチンが移動するわけではなく、移動距離は1~2mでも給排水管・ガス管の延長のため費用がかかってきます。

移動距離が1m程度であれば、それほど費用はかかりませんが、移動距離が長くカーブがしたりすると費用はグンと高くなります。(給排水管などは床下に配管されています。その配管を延長する場合、周囲の床の解体も必要になってくる)

LDKの床・壁・天井の仕上げを新しくする内装工事

リフォーム工事の主な目的は、壁付のI型キッチンを対面式に変える。でありますが、造作によって壁を設けたり、給排水管の増設に伴ってフローリングの貼替え(増し貼り)が必要になってきます。

キッチン部の内装が新しくなるとダイニング(リビング)との仕上げの色や新旧が目立つようになってきます。仕上げを統一するためには、ダイニング(リビング)の仕上げを新たにする必要があります。この内装工事費も加算されます。
以上が費用が高くなる主な理由です。

ターボーターボー

現在貼ってあるクロスは剥がさずにその上に新しいクロスを貼ることができますか?そのほうが安くなるんとちゃいます?とよく質問を受けるねんけど、答えは「NO」。止めたほうがいいと答えている。
確かに張り替える手間に比べれば、クロスを剥がさなくて済むし下地処理も不要になってくるから費用は安くなるし工事も早く終わる。でも、新しく貼ったクロスは剥がれやすくなるし、古いクロスが剥がれたり浮いてくるとその部分がもろに見栄えを悪くしてしまう。
そんな仕事、わしは出来ん!


ヒーボーヒーボー

かっこえ~~。


ターボーターボー

もっと褒めとき。え~ことあるで!
それと、フローリングにつていなんやけど今回のは貼り換えの金額。
貼り換えっていうのは、古いフローリングを剥がして新しいフローリングを貼りなおす工事のこと。
でもな、増し貼りのほうが工事費は安くなるねん。
増し貼りっていうのは、古いフローリングの上に新しいフローリングを貼る工事のこと。
床面積25㎡のフローリング貼りの工事費用

貼り換え 約15万円
増し貼り 約8万7千円


ヒーボーヒーボー

貼り換えは増し貼りの約2倍の金額。けっこう大きい。
それなら、増し貼りのほうがよかったのでは?


ターボーターボー

確かに。
増し貼りにするデメリットは、古いフローリングの上に新しいフローリングを貼るからどうしても1cmほどの段差が生じる。
それと、もし床がきしむことで床下の工事をしないといけないことになった場合、工事費は高くなってしまう。
それでも良いというなら、増し貼りでも問題なし。

ヒーボーヒーボー

どのような工事をするかで値段も変わってくるんだな~。
でも、いきなり「フローリングを増し貼りにしますか?それとも貼り換えにしますか?」
って聞かれてもすぐには、答えられないだろうな。1cmの段差とか言われてもいまいちピンとこないし。
前もってしておいてよかった。

まとめ

25㎡のLDKの内装を一新し、I型から対面式キッチンにリフォームする見積費用はトータルで190万円。
キッチン以外の工事で費用を落とそうとしても10~20万円程度
(仕上げによる
例:LDKの内装を漆喰で考えていた場合、クロスに変えるとそれだけで20万円以上減額になる)
キッチンを変えるLDKの工事費はキッチンのグレード・機能性によって大きく変わってくる。