戸建て住宅やマンションをリノベーション・リフォーム工事をする前にしておきたいことや、工事中に間取りの変更など工事に変更を伴う要望がある際に、どのように行動していけばよいかについてまとめています。

これから工事が始まる方はもちろんのこと、計画中の方も今後のことに備えて確認しておきましょう。

リノベーション・リフォーム工事前の近隣へのあいさつ

リノベーションやリフォーム工事につきものなのがホコリであったり騒音です。
これは隣近所の住人さんからすると、やはり迷惑に感じてしまいます。

リフォーム工事をする施工会社の現場監督さんが工事前のあいさつに周り、工事時間や搬入経路の他、工事中で不便な時のために近隣住人さんに名刺を渡し連絡が取れるような状態にします。
お客様と施工会社(工務店や建設会社・リフォーム会社など)の現場監督さんで、あいさつ周りをする場合もありますし、別々にあいさつ周りをするケースもあります。

施工会社の現場監督さんに近隣住人さんへのあいさつ周りは、どうするのか一応、聞いてみてください。

この時に、施工会社の人が、「私たちで済ませておきます。」と言ったとしても、人間関係を考えるとお客さまご自身でもしくは、現場監督さんと一緒に回ったほうがいいでしょう。
もし、工期が伸びるようなことがあれば、その時も近隣の方々に伝え、完成しましたら報告がてらあいさつに行くといいですよ。

1ー1あいさつに回るのはどこ?

戸建て住宅の場合は、隣近所の方々に「工事をすること」や、「いつ頃に終わる」といったことを伝えておきましょう。
広い範囲にあいさつを回るに越したことはないですが、工事中に不便をかける対処にある方々で十分です。
施工会社(工務店や建設会社・リフォーム会社など)の方は、搬入経路・トラックの横付けなどを考慮し、どの住民さんにあいさつまわるべきかを経験上、把握しているため、施工会社の方に、どこに挨拶回りをしたほうがよいか聞いてみると間違いないです。

マンションの場合は、上下階と、同じ階の左右の住民さんにあいさつ回りをし、管理組合にも忘れずにあいさつに回ってくださいね。マンションの場合は搬入経路などのこともあるため、質問された際に困らないよう施工会社の方と回ると安心です。

もしくは、施工会社の方があいさつ回りをした後に、お客様ご自身であいさつに回るといいでしょう。
管理規約と申請

マンションのリノベーション(リフォーム)工事を計画する際に確認しておきたいことは管理規約です。工事の時間や施工可能な曜日といった決め事の他に使用材料や工法など細かく定められていることがあります。

工事するにあたり申請書類の提出を求められるのがほとんどです。この申請は約1ヶ月ほどで降りるのが一般的です。つまり工事の1ヶ月前には提出しなければ工事ができないことになります。この管理規約と申請に関してはクライアント様と施工会社ともによく読んでおく必要があります。

2.リノベーション・リフォーム工事中に変更したい追加したい箇所が出てきた

もし、リノベーションや、リフォーム工事の途中で計画を変更・追加したいと思った場合は、早急に施工会社(現場監督)に相談してください。

直接、職人さんに変更もしくは、追加の要望を伝えるのはNGです。

職人さんは、契約した施工会社の現場監督の指示に動いています。お客さまが現場の職人さんに直接、変更や追加の要望を伝えると混乱してしまいます。
基本的に、変更・追加工事は費用がかかります。

2ー1変更・追加工事を希望する場合

リノベーションや、リフォーム計画を変更もしくは追加する場合には、その工事にかかる見積を依頼します。
金額と工事内容・工期を確認し、それでよければ、再度契約をする流れとなります。

工事の進行上や、変更・追加工事の内容によっては、工事が一時ストップすることがあります。そうなると工期が伸びることになるため、引渡しはいつごろか確認しておきましょう。

また「言った」「言わない」ということのないように、打ち合わせの内容をノートに記録しておくことをおすすめします。

3.予定通りにリノベーションや、リフォーム工事が進んでいる?

リノベーションやリフォームの工事が予定通りに進行し、予定していた日に工事が完成するのか気になりますよね。

お客様が、現場に足を運び、工事状況を確認することは良いことです。
現場を確認する際に、工程表を見ながら現場の状況を確認することで予定通りに、工事が進んでいるかが分かります。

現場を見ても状況が把握できない場合には現場監督さんに説明を求めるといいですよ。

そうすればより具体的に、工事が工程表の通りに進んでいるのか分かります。

4.現場を確認する時は施工会社に連絡を入れておこう

もし、お客様が現場に足を運ぶ時には、一応、施工会社または、現場監督さんに連絡しておいたほうがいいです。

基本的に現場監督さんは常駐ですが、一時的に現場を離れて書類の作成のため会社に戻ったりすることがあります。
職人さんはお客様のことを知りません。いきなり現れたお客様に、職人さんは「・・え・・?どちらさま・・?」となります。

こういうことも想定し、念のためお客様が現場に足を運ぶ際には現場監督さんに一報いれておくといいです。

また、上記でも記載しているように、現場監督さんがいることで、色々と説明を求めることができます。