TOTOやLIXIL・トステムなどメーカーからキッチンを選ぶ
造作(オーダーメイド)によりキッチンを製作

どちらにしても、どのようなキッチンがよいか?

あなた自身で考えていく必要があります。

現在、使っているキッチンで、使い勝手を見直すことは、これからキッチンを選ぶ際に役立ちます。

それと、私がこれまでにメーカーの担当者やオーダーキッチンを制作している社長さんと話し、使い勝手という面で、どのようなことに意識したらよいかをまとめましたので、参考にしてください。

では、早速すすめていきます。

ワークトップに注目!

ショールームに行ったとします。
展示されてあったのは、以下のA~Dのキッチンです。

kichen1

A:シンク(大)+引き出し
B:シンク(大)+食洗機
C:シンク(小)+引き出し
D:シンク(小)+食洗機

チェックポイントを赤丸で囲っています。

あなたは、どのキッチンを選びますか?

大きく分けるとシンクの大きさと、食洗機の有無。

ここで、食洗機のあるBかCを選ぶ方が多い。

機能性から考えると、食洗機があるほうが魅力的ですからね。
しかし、キッチンを考えるときに、最初に押さえていきたいポイントは、ワークトップです。

理由は、一番作業する場所であり、料理する時に食器・まな板・具材・調味料など様々なものを置くからです。
そして作業性からシンクとコンロの両サイドには物を置くスペースがほしい。

と考えると、ワークトップを第一に考えCかD。

コンロの右隣には、炒めたり煮たりする時に使う調味料やケチャップ・ソースなどを仮置きするスペース。

コンロとシンクの間は、食材をカットしたり盛り付けを行うスペース。

シンクの左隣は、食器を洗った後、棚に戻す前に乾かすスペース(水切り)。
ワークトップの中でスペースを中央の一箇所にまとめるより、数箇所に分散させるほうが作業効率はよくなるということを制作会社やメーカーの方から教えてもらい私自身、この考え方には納得。
シンクとコンロの間のスペースは600(60cm)~500(50cm)確保できることが前提で両サイドのスペースの有無を考える。

さてあなたはどうですか?
現在使用しているキッチンのワークトップは、どのようになっていますか?
今の状態で満足していますか?

「○○にもう少しスペースがほしい」という考えはメモしておくと後々役立ちます。
造作(オーダーメイド)キッチン・システムキッチンどちらを選ぶにしてもワークトップの作業性からまずは検討していきましょう。

意外と無視されがちな【水切り】

私自身、キッチンの作業効率についてアレコレと考えることはないため【水切り】のスペースがあるのとないのとでは作業性に大きく影響が出ることを知り、驚きました。

それと同時に、確かに食器を洗った後、棚に戻す前にちょっとした水切りがあれば便利だということを思い知りました。
キッチン制作会社や、メーカーでは、様々なお客様の声を聞いているため、機能性だけでなく作業効率においてもしっかりと検討しているのですね。

食洗機がある場合、水切りは必要ないと思いますが、食器の量が少ない時って食洗機は使いませんよね。

そこで、以下の図を参考に水切りと作業性を考えどのキッチンがいいか、以下のA~Cの中からあなた自身、選んでみてください。
kichen2

A:シンクの左隣に洗った食器を置く
B:シンクと水切りが一体
C:キッチンの奥行きを持たせる
このように考えていくと、ワークトップでの作業効率と水切りやシンク・コンロの配置について、あなたにマッチしたものが見えてきませんか?

ただ、【C】はシンクより奥に水切りがあるため、取り出しにくいという難点がある。

このようなタイプは、多くの人が集まりワイワイと楽しみながら料理ができるアイランドキッチンで選ばれることが多い。

食洗機について

食器を洗ってくれる食洗機。

あれば便利なので、設けたい。
水切りがあれば十分!という方は設ける必要はありませんが、設けるのであれば食器をしまうスペースについて考えないといけません。

食洗機に割り当てるスペースは大きいですからね。

このため、食器をしまうスペースが限られてきます。
現在、TOTOやトステムなどメーカーが販売しているキッチンは、食洗機を含め食器をしまう引き出し・料理に使う鍋やフライパンをしまう引き出し・お箸やスプーンなどをしまう引き出し・調味料をしまう引き出しなど非常にうまく割り当てられています。

ただ、幅によってモノをしまうスペースは限られてきます。

しかも、食洗機を設けるとなればなおさらです。

そこで、カウンタータイプの収納棚や、収納棚と一体のダイニングテーブルを設けることで回避できます。

kichen3

上の図では、壁面にキッチンがついていますが、ダイニング側にキッチンを設け、壁面に食器棚を設けるレイアウトでもいいでしょう。

まとめ

造作(オーダーメイド)キッチンにしても、メーカーからキッチンを選ぶにしても、ワークトップを最初に考えていきましょう。

幅に余裕がない場合は、収納棚と一体のカウンターを設けることで食器をしまうスペースを増やすことができる。

リノベーションリフォーム見積お役立ち隊では、間取りの変更だけでなく水廻り設備の提案もしています。
キッチンでは国内のメーカーはもちろんのこと、造作(オーダーメイド)キッチンでも、各制作会社と力を合わせてあなたの要望に応えていきます。

当サイトは、施工会社のご協力のもと、お客様の心理的な抵抗を極限まで減らし、あなたのペースでリノベーション(リフォーム)計画を進められる仕組みを構築しています。

まずは、その仕組みを知ってください。

そして、資料を請求していただき、キッチンを含めリノベーション(リフォーム)についてご家族でじっくり話し合ってください。

button_002