マンション・戸建て住宅のリノベーション(リフォーム)工事でキッチンを取り替える方の中で迷うのが熱源(ガスかIHか)。

これまではガスを熱源としたコンロを使っていた人はIHに興味にある方が多くIHヒーターはどうですか?と聞かれることが多い。

ココでは個人的な意見となりますが、IHヒーターについてまとめていきます。

IHクッキングヒーター

IHヒーターの魅力(利点)はというと

  • 見た目がシンプル
  • 掃除しやすい
  • 熱効率が良い
  • 空気汚染が少ない
  • 安全性
といったことが挙げられます。

特に造作(オーダーメイド)キッチンは見た目をすごくシンプルに見せることができます。

海外の輸入キッチンではシンプルであり優れたデザインによって、これまでのキッチンのイメージからかけ離れた製品となっているのも見かけます。

熱効率という面からみると、性能として申し分ない。温度調節など自動で管理してくれるため安全性が高くなるだけでなく料理が失敗することを防げる。

このような性能は過剰な装備ととらえる方もおられますが、オール電化やお子さんがいるご家庭・高齢化社会を考えると、製品価値は非常に高いと言えるでしょう。
上記で記載したような利点からIHになびく人は多いですが、それでもガスの人気も根強い。

例えば焼き魚は強火の遠火でとか、チャーハンは強火でフライパンを揺らしながら炒めたいのに、IHではそういった事ができなくなってしまう。

こういったことは慣れが解決してくれるのでしょうが、今まで通りガスで調理したい方は、やはりガスを選んでいます。

最近では、ガスも安全性に対抗してかIHに負けない性能が追加されてきている。

温度管理や音声で知らせてくれたりと。性能がよくなった分、高価。

性能を比べると余計悩んでしまう方は、IHかガスかを選ぶにあたって「安全性重視であるためIHを」という風に価値観の中で優先順位が上位にあるほうを選ぶことで選んだ後、後悔することを防げるのではないかと思います。

また住環境もキッチンの熱源を決める大きな要素となります。オール電化ならIHという具合に。

熱源以外の要素から考える

ガスと酸素を組み合わせて燃焼させるガスコンロに比べて、IHヒーターは分子構造を振動させて発熱させるため上昇気流が発生しにくい。

上昇気流が発生することで自然とレンジフードへと流れていきますが、上昇気流が発生しにくいと強制的にレンジフードのパワーのみで吸い上げることになります。このような問題を解消する製品も出てきており今後はさらに進化し補えるようにはなると思うのですが、レンジフードのパワーが弱いと蒸気など拡散されやすくなる。

LIXILのQ&AでIH対応のレンジフードについて記載があります。
IH対応のレンジフードについて

また、IHヒーターはガスのように酸素を燃焼させずに調理することができます。

つまり火を使わずに調理することができるため、空気汚染の心配がなく換気扇を必要としない。

匂いであったり多少の油や湯気などを排気できれば良く、それであればフードのような大きい機器を取り付けなくても、コンパクトな空気清浄機があれば事足りるのではと思っています。

(条例次第)もしそうなれば、アイランドキッチンはさらに、LDKになじみやすくなるだろう。

まとめ

リノベーションやリフォームをする際、キッチンの熱源を電気にしようか。それともガスにしようか悩む方が多い。

「調理はガスで!」という風にこだわりが特になく、安全性を最も重要視している方は、電気を熱源とするIHヒーターがいいでしょう。小さいお子さんや高齢の方がいらっしゃるご家庭のクライアントさんは、多くがIHを選んでいます。(安全性重視が主な理由)

また、オール電化といった住環境であればキッチンの熱源は当然、電気となります。
また、ガスコンロでは、ガス管をひいて元栓をつけなければいけなかったのが、IHでは電気の配線とコンセントだけ済みます。

このように使い勝手を考えるとIHとなり、今後キッチンのスタイルも大きく変わりコンセントがあるところに自由にIHヒーターを動かすことができるといったことも考えられます。

上記で記載しているレンジフードのことも含めて、IHヒーターはこれまでのキッチンのスタイルを大きく変えるのではないかなと思っています。