トイレの便器交換を予定しているなら内装も含めて行うと合理的です。

この場合、トイレ設備(便器など)と内装(床・壁・天井)の内装も解体し撤去します。次に給排水管を設置し新しい便器を据え付け給排水管を接続し電気工事を行います。後は床・壁・天井の内装を仕上げて完成。工期は1~3日と見ていればいいでしょう。

(工程は施工会社によって異なります。トイレは常に使えるようにしておきたい方は、施工会社の人にそう伝えるといいでしょう。便器交換を早めにしトイレを使えるようにしてくれます。ただ、1日か2日は内装が工事中のままトイレをすませることになります。)

トイレの内装工事と便器交換のリフォーム見積費用

使用しているトイレの便器を最新のものに変え内装も一新。手洗いキャビネットも付けたリフォームをした場合、費用はどのくらいかかるのでしょう?

以下に見積費用と内訳を記載しているんで、これからトイレの工事を考えている方は予算算出を含め参考にしてください。

(便器は、便座一体型とし中級品とし壁・天井はクロス貼り。床はフローリングとします。

以下に便器交換とトイレ内の内装工事の見積費用と内訳について記載していますが、その金額は当サイトは過去に工事を行った金額をもとに全国的な平均をまとめたものです。

このため地域によっては開きがあることがあります。

解体工事

使用している便器やトイレ内の内装を一旦、全て解体し撤去します。
(解体の時、給水を一時的にストップします。)

解体工事の費用 約15,000円

木工事

下地工事とドア枠・扉など
(内装工事といっても仕上げを新しくするだけなので、基本的に下地工事はありません。手洗いキャビネットを取り付ける部分のみ。トイレを広げる場合には3~5万円ほどプラスになります。)

木工事の費用 約31,000円

内装工事

床のフローリング貼り・壁や天井のクロス貼り

内装工事の費用 約56,000円

電気工事

照明・スイッチ用の配線と器具取り付け

電気工事の費用 約31,000円

給排水設備工事

給水・排水管の配管

給排水設備工事の費用 約81,000円

設備工事

便器(便座一体型)の費用 約181,000円
手洗いキャビビネットの費用 約115,000円

諸経費

諸経費の費用 約46,000円

トータルの見積費用(税抜き)

トータルの費用 約556,000円

便器がリフォーム費用の多くを占める

上記の見積費用のように、便器やキャビネットなど設備機器が全体の金額の多くを占めます。

最近の中高級クラスの便器は各メーカーがさまざまな工夫を行っており清掃性が優れています。高機能な温水洗浄暖房機能もついています。中高級クラスの便器は、便座・便器一体型と分離型があります。

個人的にデザインは一体型のほうがスマートだと思っていますが、分離型も便座の選び方によっては見劣りしません。

タンクレストイレは、便器がコンパクトなので人気ですが値段は高くなります。
タンクレストイレを選ぶ際に注意したいこと

タンクレストイレは、水を溜め込むタンクがなく室内にきている水道の圧力で洗浄を行います。もし水圧が不足している場合には水の流れが悪くなります。
もし、タンクレストイレを希望している方は、
水圧の確認
をご覧下さい。

最近では、珪藻土など調湿性や消臭効果のある材料をトイレに用いることケースが増えています。

防カビ効果もあるため清潔感のある仕上げとなりますが内装費が2倍に膨れ上がることになります。

和式のトイレから洋式のトイレに変える場合の見積費用は?

上記で記載しているトイレの大きさや取り付ける便器(手洗器)の種類が全て同じという条件であれば、金額が動くのは【解体工事】【木工事】
解体工事の費用 約36,000円
(上記の場合15,000であるため約2万円ほど高くなります。)
83,000の費用 約木工事円

(上記の場合31,000円であるため、約5万円高くなります。)

トータル金額は約7万円高くなるため、55万6千円+7万円で約63万円ほどとなり、工期は解体で時間を取られることになり2~3日ほどと多めにみておかなければいけません。

まとめ

トイレのリフォーム工事は便器の金額が全体の多くを占めることになります。

工期は1日~2日ほどで完成し、工事中であっても便器を使えるようにしてほしい事を伝えるとそのように配慮してくれます。和式の場合には解体で時間を取られることになり2~3日と多めに工期を見ておく必要があります。

タンクレストイレを希望する場合、水圧が不足していることがあります。詳しくは上記にある「水圧の確認」をご覧下さい。