アイランドキッチンにリフォーム!失敗しないための5つの注意点

ミキッテンダーミキッテンダー

キッチンの存在を存分にアピールすることができるアイランドキッチン。
ホームパーティ・料理教室・キッチンを中心とした生活をする方にはピッタリのスタイル。


ヒーボーヒーボー

カラーや形などデザインにこだわりがあってすっごいカッコイイ。


カラーフッテルカラーフッテル

僕のような虹色カラーがあれば即買いなんだけどな~~!


ターボーターボー

目が痛いわ


ミキッテンダーミキッテンダー

デザインは素敵なものが多いけど機能性などで失敗したと後悔する人もいらっしゃいます。
見た目だけで即買いしたらダメですよ~~!
アイランドキッチンを導入する時、どういうことに気を付けたいかについてこれからお伝えしていきます!

アイランドキッチンリフォームする時に気をつけたい5つのポイント

キッチンを囲むアイランドタイプは、楽しく調理することができる空間を作る反面、気をつけたいこともあります。

リフォームした後で失敗したと後悔しないために注意したい5つのポイント。

アイランドキッチンは収納スペースが少ない

ミキッテンダーミキッテンダー

アイランドタイプのキッチンを満足して使うためには、どこに気を付けないといけないか分かりますか?


ヒーボーヒーボー

コンロやシンクの配置?


ターボーターボー

ワークトップやろ


カラーフッテルカラーフッテル

色やろ

アイランドキッチンを上手に活かすためには収納の充実によります。

対面式のように吊り戸棚のような収納スペースが少ない。
アイランドタイプのキッチンを計画している方は、デザインや間取りなどに意識がいきがちですが後で後悔しないためにも収納スペースの計画(工夫)が必要になってきます。

ミキッテンダーミキッテンダー

私の知り合いでキッチンをオーダーメイドで製作している方がいます。
その人曰く収納と共に機能性も充実することができるワゴンは必需品とのことです。

ヒーボーヒーボー

ワゴンは確かにかしこいですね。
冷蔵庫とかの隙間にしまえる計画をしておけば、見栄えもスッキリ!


コンロ(IHクッキングヒーター)周りの安全性

ターボーターボー

アイランドキッチンにリフォームする時に気をつけんといかんのが安全性。
コンロ(IHクッキングヒーター)周りは要注意!


コンロ回りは大丈夫なのだろうか?と心配になった人も多いと思います。特に小さいお子さんがいらしゃる場合。

アイランドキッチンはオープンスタイルであるため調理する際に油ハネなど注意しないといけません。デザインこだわりたい気持ちも分かりますが安全面からオイルガードを設置したり部分的に天井までの壁を設ける対策をしたほうが無難です。
また、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では安全性に特に配慮すると思います。安全性重視の場合は、島にコンロ(IHクッキングヒーター)を設けず壁付にすることをおすすめします。そうすることで、臭いや湯気もダイニング(リビング)に行くことがありません

パワーある換気扇が求められる

カラーフッテルカラーフッテル

島(アイランド)側にコンロを設ける場合には、特に換気性能が良いもを選ばないといけない!
また、換気フードがむき出しになるので僕の頭のような斬新なデザインが求められる。


湯気・臭いなどがダイニング(リビング)に流れていかなように換気扇のパワーが求められます。(アイランドキッチンの換気フードは天井に設置するタイプなので種類が限られています)
IHコンロは、上昇気流が発生しにくいため換気扇のパワーが求められます。(各メーカーはIH対応の換気フードを販売しています。)

IH対応の換気フードに関しては
キッチンの熱源(IHかガスか)はどっち?
でも記載しているので参考にしてください。

ワークトップ

ミキッテンダーミキッテンダー

キッチンで作業しているところをあまり見られたくないという方は、ワークトップの見え方を考えたほうがいいです。


アイランドキッチンは、オープンスタイルであるため手元が丸見えです。

ワークトップに調味料やお皿、食べ残しなど生活感丸出しの状態にしておくと非常に残念なキッチンになってしまいます。
そのためワークトップは常にきれいにしないといけません。
キッチンとダイニング(リビング)との境に腰壁を設けることによってキッチンの手元を隠すことができます。

(オープンスタイルにしてから、片付けないといけないという心理が芽生えて常に清掃を心がけるようになったという人もいらっしゃいます)

間取り(ゆとりある床面積)

ヒーボーヒーボー

すごくオシャレなアイランドキッチンを選んだ。
でも、床面積に余裕がなく毎日の生活が窮屈になってしまった・・。
ということがないよう、間取りに余裕があるかを検討してから導入したい!

取り入れたいと思う気持ちも分かりますが、無理して設置してしまうと使いにくいキッチンになってしまったり、キッチンスペースに必要以上の空間をもっていかれてダイニングやリビングが狭苦しくなってしまうため注意しないといけません。
特にI型キッチンからアイランドタイプにリフォームする方は要注意です。
造作(オーダーメイド)やメーカーからキッチン選ぶ際に注意したい<3つのポイント>
では、I型から対面式キッチンにリフォームする際に注意したい寸法について記載しています。対面式とアイランドキッチンは、スタイルが異なりますが寸法的に気を付けないといけない事は、近いため参考になります。
ミキッテンダーミキッテンダー

以上がアイランキッチンにリフォームする時の注意点となります。
アイランドキッチンに魅力を感じている方は多くなってきていますが、プランニングの時に将来のことを考えながらでないと後になって「失敗したと」後悔することになります。もしアイランドタイプの導入を検討している場合、上記に記載している内容をしっかりと押さえておきましょう。

ペニンシュラキッチンキッチンとアイランドキッチンの違い

両スタイルとも独立型とは違い料理をする人が孤独にならないオープン型。
キッチンで料理しながら、ダイニング(リビング)にいる家族と会話することができます。
違いを簡単にまとめると

  • ペニンシュラ(半島)・・キッチンが壁にくっついている
  • アイランド(島)・・・・キッチンを一周ぐるりと回ることができる

ペニンシュラキッチンキッチン

壁にくっついているので一方向しか移動することができません。
壁についてるほうにコンロ(IHクッキングヒーター)を設けるため、熱湯や油はねなど安全性に優れている。
ペニンシュラの場合キッチン上部に吊り戸棚を設置するケースも多い。キッチンにカウンターを設け椅子を置くスタイルが人気です。

アイランドタイプ

キッチンを一周するように移動することができる。
完全に独立しているため、アイランド(島)にコンロ(IHクッキングヒーター)を設けると熱湯や油はねなどを気にしないといけない。
島にコンロとシンクを設置するケースが多いがコンロ(もしくはシンク)を背面のカウンターに設置することもできます。

●アイランドキッチンを取り扱ているメーカー

コンロ(IHクッキングヒーター)とシンクの配置

アイランドキッチンでは、アイランドとなる部分に「何を配置するか」が重要になります。

  • コンロとシンクがある
  • コンロのみ
  • シンクのみ

アイランドキッチンでは、この3つのスタイルから選ぶことになります。

島にコンロを設けると必然的に上部に排気フードがセットとしてついてくると考えてください。

アイランドタイプは、キッチンのデザインにもよりますがLDKの雰囲気を大きく変えるだけでなく、キッチンを中心とした場を作ることになります。

ミキッテンダーミキッテンダー

生活環境やご家族みなさんの意見を聞きながらキッチンスタイルを決めていきましょう!

まとめ

ヒーボーヒーボー

アイランドキッチンは存在感抜群!
なんだけどリフォームする時には気をつけないといけないこともあるんですね。
特に気をつけたいのが以下の5つ!

  1. 収納スペースが少ない
  2. コンロ(IHクッキングヒーター)周りの安全性
  3. パワーある換気扇が求められる
  4. ワークトップ
  5. 間取り(ゆとりある床面積)
カラーフッテルカラーフッテル

LDKのインテリアにもなるデザイン性あるアイランドキッチン。
おしゃれにきめるだけでなく機能性とかも含めリフォーム計画を考えよう!