空間を構成する上で雰囲気を変えるためには、間仕切り壁によって仕切る。

ただ、間仕切り壁によって仕切ることで空間が狭くなってしまい、圧迫感を受けることもあります。

スキップフロアの特徴は、段差を設けることにあるのですが、この段差によって間仕切り壁を設けずに空間の雰囲気を変えることができます。

壁を設けずに床の段差によって空間を仕切り、視線が通ることで開放感をもたせてくれます。

注意が必要なのは、お年寄りの方が同居されるご家庭です。

スキップフロアは、上記でも記載しているように段差を設けて空間を仕切るのが特徴です。
お年寄りの方が住みやすい環境は、その逆。つまりバリアフリー化(床の段差がない)が求められます。
空間を段差で仕切ることによって、色々な生活空間にアレンジし暮らしを楽しむことができますが、ご家族の事をよく考えた上で間取りを考えていきましょう。

住宅やマンションに取り入れるスキップフロアについて

スキップフロアにする必要条件は、天井高です。天井高に余裕がなければできません。

天井高に余裕がないのに無理に床に段差を作ってしまうと、心理的に窮屈な空間になってしまいます。そのため天井高は「2m20cm」を限界と考えてプランしましょう。

プランとしては「全体的」と「1フロア」の2つに分けられています。

全体的なスキップフロア

全体的なスキップフロアは戸建て住宅で使われるタイプです。
skipfloor-1
全体的なスキップフロアを採用することで、1階・2階というように明確な階を設けず、繋がりをもたせ連続した空間を構成していくため「奥行」と共に「上」へと広がりをもたせることができます。

プラバシーとしてはハッキリと階を分けるよりは劣りますが、段差によってプラバシーを保たせることができます。

図面では、一階にキッチンとダイニング。そして、3段下がってリビング。

ダイニングとリビングとの間は吹き抜けになっているため奥行の広がりと共に、上への広がりをもたすことができます。1階部分を家族が過ごす空間とし、中2階から上はプライベートというプラン。

以下の写真は、全体的なスキップフロアで安藤忠雄さんが設計。ダイナミックな空間構成と打ち放しの取り入れかたが絶妙です。

skipfloor-2

1フロアのみのタイプ

1フロアのみのタイプは、戸建て住宅だけでなくマンションでも可能で、ほとんどがこの1フロアのみのタイプです。
skipfloor-3

LDKなど1フロアに段差を設けることで視界が変わり、さらに壁の仕上げを変えることで独立感を持たせながら雰囲気を変えることができるなど遊び心ある空間を作ることができます。

ココでは1フロアのみのタイプを中心に話を進めています。

リノベーション(リフォーム)をすることでLDKをスキップフロアにしようと検討している方は間取り計画やメリット・デメリットなどについて詳しくまとめているので参考にしてください。

LDKをスキップフロアにする2つの間取り計画と特徴

LDKの床レベルの高さを変えるとなると間取りと共に、どこで段差を設けるかを考えなくてはいけません。

考えられるのは

  • リビングを高くし、キッチンとダイニングを低くする
  • キッチンとダイニングを高くし、リビングを低くする

この2つの間取り計画に絞られます。

キッチン・リビング・ダイニングそれぞれの床レベルを変えることもできますが、天井高に余裕がある場合に限ります。

上記でも記載していますが、天井の高さが低いと圧迫感を受けます。

床の高さを変えることで、雰囲気を変えることができるだけでなく、間仕切りとして低い棚を設けるなどすると機能性を持たせることもできます。

しかし、天井高は限られているので、段差を設ける場合は、間取りだけでなく高さにも配慮しながらプランを固めていきましょう。
スキップフロアの間取り計画を考える上で最も重要視しないといけないのが、家族構成です。お年寄りの方が同居されているご家庭では、家族の声を第一優先にリフォームプランを考えてください。
では
・リビングを高くし、キッチンとダイニングを低くする
・キッチンとダイニングを高くし、リビングを低くする
それぞれの特徴をまとめていきます。

リビングの床を高くしキッチン・ダイニングを低くする場合の間取りの特徴

図面では、段差を設けるといってもあまりピンとこないとは思いますが、実際に1フロア内で床レベルを変えると、目線の高さが変わりそれだけで受ける印象は大きく変わってきます。

リビングを高くした場合、何cmの段差を設けるかにもよりますが、2~3段の段差であれば、リビングでソファに座った時の目線とダイニングで椅子に座った時の目線が、それほど違わなくなります。
このことを考慮して、リビングのソファとダイニングテーブルの配置を優先的に考え間取りや家具の配置を考えるのも一つの考え方です。
skipfloor-4
キッチン・ダイニングの床は現状のままとしており、リビングの床を高くする計画。

1段を15cmとし2段で現状の床レベルより300高くなっています。

リビングには外部(バルコニーや庭)に通じる掃き出し窓があり、床レベルを上げる場合には、掃き出し窓付近で床レベルを現状のレベルまで下げる必要があります。
床の高さを上げるなら、掃き出し窓もそれに合わせて上げるというのも一つの選択枝ですが、窓の高さを変えたり移設する場合、外壁も工事しなければいけません。例えば、外壁が塗装仕上げであれば、全面塗らなければいけないので費用がそれだけ多くかかってきます。

青く塗りつぶされてる部分は棚を表しておりインテリアだけでなく機能性をもたせることもできます。

skipfloor-5

上の図面では、サイドに階段がありますが中央に階段を設けた場合のプランの例です。階段が中央にあると行き来する人は視界に入り、うっとおしく感じることもあります。
LDKの中でリビングが一番高いため、必然的にダイニングやキッチンを見渡す形になります。

ダイニング・キッチンの床を高くしリビングを低くする間取りの特徴

今度は上記と逆でリビングの床を低くしダイニング(キッチン)を高くすることで、ダイニングの下部が見えなくなります。

キッチンが独立していればいいのですが、DKと連続している場合には、キッチンの雑然とした部分はなるべく隠したいと思う方は多い。リビングを低くすると、ダイニング・特にキッチンのあまり見せたくない部分を隠すことができます。
それと、段差によってリビングはDKよりも下がっており、ソファに座ることで目線がさらに下がりリビングが独立した印象を受けます。

skipfloor-6

ソファの向きによって見える景色は違ってきます。ダイニングの方を向いて座るのか、ダイニングを背に座るのか。
ダイニングを背にして座ると、対面にあるのは壁です。このため、ソファと壁との間が狭いと窮屈に感じます。

対して、ダイニングの方を向いて座ると視界が広がります。この時、中間の間仕切りの棚の高さが重要になってきます。この中間の間仕切りの棚に何を置くかによって高さは決まってきます。例えばテレビであれば、テレビの大きさに合わせて棚を作らないといけません。目安としては、ダイニングテーブルより少し高めにし、床から1m程度がいいでしょう。

1フロアでありながら独立感をもたせるために

リビングとダイニング(キッチン)との間に段差(スキップ)を設けることで独立感を持たせたい場合には、この中間の間仕切りの棚の高さを高くするか、段差を増やし床レベルの差を大きくする方法があります。

このように段差と中間の間仕切りと上手く活用し間取りを計画していくことで、上部に繋がりを持たせているため開放感を持たせ、視覚の面で独立させながらリビングとダイニングを異なった空間に構成することができます。また中間の仕切り壁のカラーや素材をうまくコーディネートすることで、オシャレなリビングに仕上げることもできます。

skipfloor-8

skipfloor-9

スキップフロアはリノベーション(リフォーム)に向いてる?不向き?

上記で、スキップフロアに関するプランをいくつか挙げましたが、段差を3~5段ほど設け独立感を高めながら雰囲気を変える目的のリノベーション(リフォーム)を考えると「不向き」というのが正直な意見です。

その理由について以下、説明していきます。

1.現状の天井高が低い

スキップフロアの特徴は1フロアであっても、雰囲気を変えた空間を構成することができることです。

しかし、雰囲気を変えるためには段差の高さ40cm以上は確保したい。つまり、段差を数多く設け床レベルの差を大きくすることで、その分雰囲気を変え独立感を持たせた空間を作りやすくなります。
現在お住まいのマンションもしくは住宅の天井高を測ってみてください。恐らく2500mm(2m50cm)程度だと思います。

段差を1段設ける高さは15cm~20cmが一般的です。
現在の天井高を仮に2500mm(2m50cm)とし20cmの段差を2段設けるとした場合、2m50cm-40cm=2m10cmとなります。
建築基準法上、居室の天井高は2m10cm以上となっているため、法律上は問題ないにしても2m10cmの天井高では、恐らく圧迫感を感じます。上記で記載していますように、最低でも2m20cmはほしい。

このように、2m50cm程度の天井高であれば、無理して段差を設けても2段です。現実的に考えると1段で抑えておくのがベスト。しかし、1段では大きく雰囲気を変える事はできません。

天井高を高くすることはできます。ただ、できたとしても20cm程度です。

方法としては、天井を撤去して2階(上階)の床梁を見せる。
(天井裏に隠していた配線や配管がむき出しになってしまうため、それらをどのように納めるか考えなくてはいけません。)
このように天井高が限られている現状の内装の中でスキップフロアを取り入れる場合、1フロア内でリビング又はダイニング(キッチン)の独立感を高めて雰囲気を変える目的であればそれほど期待できません。

2.開口部の取り合い

開口部の取り合いというのは、現状の窓や隣室の扉のことです。

床の高さを上げるとなると、掃き出し窓や腰窓、隣室(廊下)への出入りのための扉があれば、その開口部を避けた形で段差を設ける必要があります。現状の間取りや、どこで段差を設けるかにもよりますが開口部の関係上、無理あるプランになってしまうことがあります。

優先順位を考えスキップフロアを採用するかを検討しよう

上記に記載していますように、現状お住まいの住宅やマンションをリノベーション(リフォーム)しスキップフロアを取り入れるとなると、制限が大きすぎてメリットが薄れてしまいます。

スキップフロアを第一優先にしているという場合には、そのことを設計事務所や施工会社(工務店・リフォーム会社など)に伝えてください。

ただ、それほど優先順位が高くないのであれば、他に絞り込んだほうがいいというのが個人的な意見です。

LDKにスキップフロアを取り入れたい!

天井高の制限があるため、LDKの雰囲気を大きく変える目的でスキップフロアを取り入れるのは難しいということを上記でお伝えしましましたが、それはあなたの住まいの間取りや構造などを見ず一般的に考えた結論に過ぎません。

優先的にスキップフロアを設けたいと思う方は、上記で記載している私の一般的な結論は、参考程度に受け止め詳しくは、設計事務所や施工会社(リフォーム会社・工務店など)に相談してみてください。

予算や現状の建物の構造・間取りにもよりますが、スキップフロアのメリットを大きく演出することができるよう懸命に考え、あなたの要望に答えようと色々と検討してくれるでしょう。

また、1段だけであっても大きく雰囲気を変えることはできませんが、床の仕上げや壁の仕上げを変えることで異なったオシャレな印象を与えることはできます。
skipfloor-7
上記では、ダイニング・キッチン側の壁をクロス又は塗装とし床はフローリング。
リビングは床と中間の間仕切りをタイル仕上げとし、雰囲気を変える計画としてます。

また、和室を取り入れるというのも一つの方法です。
多くの住まいでは、一般的に畳の間は独立して設けることが多いですが、LDKの1フロアの中に取り入れるのも、一つの考え方です。

LDKの床レベルより、和室のほうを高くすることで、和室の雰囲気を出すことができます。また、和室とリビングとの関連性を深めるために縁側のようなベンチを設けると雰囲気を変えるだけでなく楽しめる空間を作ることができます。

この場合、ソファの高さとベンチの高さを合わせておくと団欒の間にもなります。
襖は普段、オープンな状態で必要に応じて閉めると、一つの独立した空間にすることもできます。LDKの1フロアの中にこのような和風の良さを取り入れることで、使い方を広げ暮らしを楽しむ手段の一つになります。

DIYによって自分たちの手で住空間を作り出していく楽しみも!

スキップフロアはDIYによって住空間を作り出していきたい方に楽しみを与えてくれる計画です。

間取りや床の高さを変えるリノベーション(リフォーム)工事は素人の方では難しいので、そういう工事は施工会社に任せ、収納棚など後付けのものでクラアイアント様でもできそうなことはDIYで作りこんでいくというのも一つの考え方です。

例えば、DKとリビングとの間の収納棚などは、それほど難しいものではないため、道具さえあれば色々なものを作り出すことができます。
スキップフロアはソファやテーブルなど家具の配置を考えるだけでなく、段差を活かして住空間をご自身で作っていく楽しさを与えてくれるというメリットもあります。

まとめ

スキップフロアにすることによって、空間に広がりを持たせることができるだけでなく、中2階のみ内装を他と違いを設けたり、色の組み合わせや飾棚を設けることによってインテリアの質を高めることもできます。

スペースを上手に活用しながら、個性的な空間をつくりたいと考えている方は、設計事務所に相談してみるといいでしょう。

現状の床を解体しダイナミックにスキップフロアを取り入れることも可能です。

現状の床を解体するのが難しい建物の構造
・木造(2x4)
壁・床の面構造であるため、壁や床を壊せない。
・RC造
スラブ(コンクリートの床)を壊せない
・鉄骨造
デッキプレート+コンクリートの床スラブは壊せない

鉄骨造でも、可能な場合があるため施工会社に相談してみてください。

木造(在来)は、スキップフロアを考る上で適した構造でありますが、現状の床を解体し大きな吹き抜けを設けるなどの場合には構造強度を合わせて考えていく必要があります。

リノベーション・リフォーム見積お役立ち隊)では、あなたが住んでいる近くの施工会社(工務店・建設会社・リフォーム会社など)と力を合わせて、あなたのペースで納得しながら工事計画を進めていただくシステムを提供することができます。

また
リノベーション・リフォーム見積お役立ち隊は、
「自分たちが作り出す考え方に最高の価値がある」
と信じ
「当サイトに関わりある全ての人が最高の状態へと変えていく」
ということに信念を持って取り組んでいます。

このことについては
button_003
で詳しくまとめています。

スキップフロアにしてオシャレで個性的なLDKにするために

LDKにスキップフロアを取り入れたいなど、戸建て住宅やマンションのリノベーション(リフォーム)を検討している方が決まって悩むことがあります。
工事を考えている方が悩む6つの困り事

  • 間取りやデザインを含め建築家が考えるような素敵なプランを設計してほしい
  • 近所の施工会社(建設会社・工務店など)の提案や見積金額を比べてみたい
  • スキップフロアについての間取りや費用などについて、どこに相談すればいいのか分からない
  • ウチの住宅(マンション)では、工事にかかる費用はどのくらい?
  • 工事を依頼するか決まっていない段階で、施工会社に現地調査をお願いするのは気が引ける
  • 初めて相談する会社に名前や住所など伝えて自宅に呼ぶのは抵抗があり。

あなたも上記のようなことで悩んでいるのではないでしょうか?

このような具体的な疑問や不安を解消するため、リノベーションやリフォームに関する本を読んだり、内装の工事をしたことがある友人や近所の方の意見を参考にしたり、インターネットを通じて情報を収集し調べても解決することはできません。

内部の大きさや形状・現状の状態・築年数を含め、あなのご要望・予算や家族構成などが全く異なるからです。

このためリノベーションやリフォームを考えているあなたが一番知りたいことは、施工会社や設計事務所に直接、問い合わせ自宅に来てもらわないといけません。

しかし、初めて問い合わせる会社に名前や住所を教えて自宅に呼ぶのは、かなりの心理的な抵抗を受けると思います。

(どのような会社か知っていれば安心できるでしょうが・・・。)
もし、心理的な抵抗を受けることなく、プランニングや見積依頼・施工会社の選定など工事計画をあなたのペースで納得しながら進めていくことができる方法があるなら知りたくありませんか?

このことに詳しくまとめているので、あなたやご家族の方と一緒にご覧になり
・どのようなメリットがあるのか?
・プランニングや見積依頼~工事完了まで、どのような流れで進めていくのか?
などについて確かめてみてください。

あなたのペースで納得しながら進めていく工事計画について

button_002