iraisaki1
マンション・戸建て住宅や、店舗などリフォーム・リノベーションの工事計画を進めるため依頼先を決めるのに悩んでしまいますよね。
一般的にはタウンページなどで地元の工務店や建設会社・リフォームを専門にしている会社を探すかあるいは、インターネットを利用するかと思います。
ここでは依頼先の特徴についてまとめていきますので参考にしてくださいね。

設計事務所

設計事務所に依頼する大きなメリットはプランニング力にあります。
多くの場合が、限られた広さの中で要望を盛り込んだ空間を構成していかないといけません。

だだっ広い空間であれば、色々と盛り込むことも可能でしょうが、限られた広さとなるとそうはいきません。

限られた広さの中お客様の要望を聞き入れた上で、建物内の広さに応じたプランを色々と考えてくれる。
設計事務所に依頼するメリットはここにあります

設計事務所に依頼する場合、いくつかの事務所にプランを出してもらった段階でお客様の要望に最も近い図面を作成した設計事務所を選んでいきます。
依頼した時点で設計業務が始まり基本設計⇒実施設計⇒工事会社の選定⇒着工⇒竣工(引渡し)という流れになります。
基本設計:お客様と設計事務所との打ち合わせ用の図面
実施設計:設計事務所と施工会社との打ち合わせ用の図面
工事会社の選定は、設計事務所とつながりのある工務店や建設会社の中から概算見積もりを取り、工事にかかる費用などをもとに決めていきます。
(なお、設計事務所に支払う設計費用は工事金額の10%~15%程度が一般的です。)

大手ハウスメーカー系列・不動産販売系列でのリフォーム会社

ハウスメーカーや不動産販売系列でのリフォームは、広告などでご覧になることがあるかと思います。
営業やプランの提案、工事費用などについては、ハウスメーカーや不動産系列のリフォーム会社の営業マンが行いますが、リフォーム工事を行うのは、地元の工務店さんなどです。

元請けはハウスメーカーや不動産販売会社となり、その下請けに工務店さんなどが入る形となります。

これらの会社は設計と施工を一括して請け負うことがほとんどで、自社系列の施工した建物であれば、施工がズムーズにいくことから工事費が安くすむことがあります。
ハウスメーカー・不動産販売系列でのリフォームは営業マンの腕によって大きく変わってきます。

営業マンがプランニングをし施工会社と打ち合わせをしながら進めていきます。このため、ちょっと頼りないと思うことがあれば別の担当者に変えてもらったほうがよい場合もあります。

中小の工務店・建設会社

工務店や建設会社の特徴は、当然のことながら工事に強いというところが大きな特徴です。
工事には強いのが特徴ではありますが、プランニング力に欠けます。
地元の施工会社(工務店や建設会社など)に工事を依頼するメリットは、工事に必要なものを安く仕入れる情報を持っていること。

また、多くのお客様の声を直接、聞いているため、リフォーム計画を行うにあたって相談すると参考になります。

地元密着型の工務店や建設会社は、街のことや周辺の環境に詳しいだけでなく、色々な疑問点や不具合などについて柔軟に対応してくれますよ。

大手ハウスメーカーや不動産系列と中小規模の工務店や建設会社の違い

おおまかに言うと大手の場合は規格型(パック)が得意でしょうが細かい工事などにおいては価格が上がる傾向にあります。
逆に中小規模の施工会社(工務店や建設会社)は細かい工事への柔軟性があり金額面でもコストをおさえられます。
大手だからあるいは、中小規模の会社だからと、一概に言えませんが、トラブルに関して言えば大手は会社を守り、中小規模の会社はお客様を守る傾向にあります。
大手の場合、仮に該当の街でよくない評判が出ても、他の地域で挽回することができます。一方、中小規模の場合ですと、地元密着であるため該当する街での評判が落ちると苦しくなります。
設備であったり仕様の自由度においては、中小規模の会社のほうが有利と言えます。
中小規模の会社は、少数精鋭(社員を徹底して育てている)の場合が多い。
大手は、営業マンによって能力のばらつきがあります。
大手の魅力はやはりネームバリューによる安心感ではないでしょうか。
結局は大手ならではの安心感と中小ならではの安心感を比較し、どちらのほうが親身になって対応してくれるかによります。

依頼先を探す方法

マンション・戸建て住宅・店舗などのリフォームやリノベーションの計画を進める会社を、どのように探していけばいいの?
もし、近くに住んでいるご家族や友人の中でリフォーム工事をしたことがある場合、その会社を紹介してもらうのもいいです。
(それほど親しくない友人や近隣の方に施工会社を紹介してもらう際には、「まだ計画段階なので依頼するかどうか分からないけど、どこの施工会社か教えてください」といったことを伝えておくことをおすすめします。というのも、紹介してもらった施工会社さんとは別の会社のほうが、お客様とマッチしていた場合、紹介してくれた友人又は、ご家族や近隣の方のことを考えると非常に断りにくくなります。)
インターネットでリサーチ。

最も手軽で複数の会社を比較しながら施工会社を探すことができます。

ネットでリフォームやリノベーション工事を依頼する会社を探す場合、あからさまに低価格の金額をうたっているようなところは避けたほうがいいです。
リフォームやリノベーションにかかる費用は、簡単に出せるものではないからです。
電話帳に記載している施工会社に電話する。

電話帳を活用して施工会社を探す場合、知らない会社の人にお客様の電話番号や住所といった個人情報を教えることになります。
このためしつこい営業を受ける可能性を考え、気に入らなければきっぱりと断るようにしてください。

依頼先を1社に絞る基準

それぞれのクライアント様によってプランや予算・要望などが大きくことなるため工事依頼先を絞り込む基準を明確にするのは難しい。しかしどのクライアント様にも共通した重要なポイントを挙げることができます。

  1. 地元にある施工会社
  2. 建設業の登録がある
  3. 要望や予算に対して最適な提案をしてくれる
  4. リノベーションやリフォームの実績と信頼性
  5. 施工会社とクライアント様の相性
  6. 見積の内訳が細かい
  7. 見積内容を分かりやすく説明してくれる
  8. 予算オーバーに対し柔軟性のある提案力
  9. 工事後のアフターメンテナンスの対応

上記に記載している9つのポイントは最も重要なので覚えておいてください。上記の9つのポイントを押さえた上で、どの施工会社に依頼するか迷ってしまう方は最終的に1社に絞り込むイメージとして、身近な例えを想像してみてください。

例えば、結婚相手。

あなたは旦那さんや奥さんを選んだ基準はなんですか?

  • 外見ですか?
  • それともお金ですか?
あるいは人間性や性格ですか?

多くの人はその人の性格や人間性で判断したかと思います。

リフォームやリノベーション工事を依頼する施工会社を選ぶ際も同様で、あなたとあなたのご家族のことを真剣に考えてくれる会社であるかどうかが一番の決めてになるではないでしょうか?

悪徳業者に引っかからないために

悪徳業者の特徴は、すぐに契約へと持っていきたがります。誰かに相談でもされれば、契約が遠のいてしまうからです。

このため、決してすぐには契約を結ばないことです。
必ず何回か打ち合わせの回数を重ねた後、見積を出してもらい納得できれば契約へと進めてください。

悪徳リフォーム業者については
【保存版】悪徳リフォーム業者の手口と対策
で詳しくまとめています。どのようなことに注意すべきか分からない方は必ず見ておいてください。
複数の施工会社から見積を取り寄せその中から工事を依頼する会社を選ぶようにすれば悪徳業者に工事を依頼する可能性を大きく下げることができます。
それと、飛び込み営業には耳を傾けないことです。飛び込み営業をしている全ての会社が悪いというわけではなく中には誠実な会社もあるでしょうが、リスクを考えると避けたほうが無難です。

くれぐれも、急いで工事しようと契約しないようにしてください。

まとめ

どの施工会社(設計事務所)に依頼するか、今から決める方は、焦らずにじっくりと各会社を比較しながら決めていくことをおすすめします。
「打ち合わせ」や「見積書について施工会社から説明」というのは、人間関係を作る上でも大切な過程ですし、どこに依頼するかの判断基準にもなるため、相手の対応もしっかりと見ておきましょう。
第3者(あなたと施工会社以外の人)に相談するのも有効的です。
とにかく、金額を下げ続けて契約を急がせる会社には要注意です。

リノベーション・リフォームお役立ち隊では、初めから連絡先を教えたくないという人のために匿名で工事計画をすすめるという流れを構築しています。
また、施工会社さんとの打ち合わせや説明で分かりにくい事や、疑問に思うことに対し第3者的立場で相談を受け付けています。
お客様のご要望に対し図面の作成から行っていきますので、あらゆる手間を省くことができ、かつお客様のペースで計画を進めることができます。

まずは資料を請求してください。
そしてご家族の方とじっくりリフォームやリノベーションについて話し合ってください。