安藤忠雄さんが設計した建物を見たことがある方ならどのような建物が知っていると思います。コンクリート打ち放しですよね。

素材へのこだわりが非常に洗練された空間を作り出しているのが特徴です。

これからマンションや住宅をリノベーション(リフォーム)によって住まいの間取りやデザインを変える計画があるかたは、安藤忠雄氏が設計した住宅作品からインテリアを学びどのようなデザインに仕上げていくかについてイメージを固めていきましょう。

ただ、予算や条件などによってコンクリート打ち放しで壁を作るのは難しいと思います。そこで、まずは仕上げ素材から考えていきましょう。

コンクリート打ち放し似た仕上げ素材はどのようなものがある?

安藤忠雄建築と言えばコンクリート打ち放しです。なのでリノベーション(リフォーム)をする際にコンクリート打ち放しで間仕切り壁を作りたいという方が多いですが、施工費が高いことや工法に手間がかかり工事自体が難しいといった問題があります。マンションでは規約の関係からできない事が多い。

であれば現実的に可能な仕上げで壁を作る。

モルタル


コンクリート打ち放しの質感に最も近いのはモルタルの素地仕上げです。

モルタルはセメントと砂によってでき一般的に仕上げ前の調整として用いられることが多い例えばモルタルで金コテで仕上げた後に塗装する。(コンクリートはセメント・骨材・砂によってでき、鉄筋を背筋することで構造上重要な壁になります。)

櫛目を入れたりコテ塗りによるパターンなど模様を入れることが可能です。このような仕上げの場合、DIYでもできますが水の配合次第で塗にくくなったり塗りやすくなります。

ホームセンターではセメントと砂が別々に売られています。この場合、調合は自分でしないといけません。セメントが多かったり砂が多かったりすると塗りにくくなったり乾いたあと、砂が目立つような仕上がり具合になることがあります。なので、最初からセメントと砂が混ざっているものを購入しましょう。
右の写真の内装はコンクリート打ち放しですが、モルタルで仕上げた場合、近い仕上がりになります。
マンションのリノベーション工事<907万円>参考事例4

漆喰


歴史的建築物で使われている漆喰。素材の質感は違いますが和風の印象を与えたり空間の質を高めることにおいて共通しているものがあります。
職人さんがきれいに金鏝で仕上げた壁は見とれてしまうほど美しいです。

仕上がりの質感が良いだけでなく、健康に良いというのも特徴です。

DIYで頑張って壁を塗ることもできます。最初にコツを得るまで失敗することがありますが、パターンによって鏝の使い方が分かればDIYで漆喰を塗るのは可能です。パターンをつけず職人さんが仕上げるようなツルっとした壁に仕上げたい場合は、職人さんに頼みましょう。非常に高度な技術が必要です。

(漆喰が内装材として多くの家庭に利用されているのは質感を高めること以外に健康に良いからというのもあります。漆喰は強アルカリ性なのでカビや微生物が繁殖しにくく防臭効果もあります。)

ジョリパット


土壁の雰囲気を出すことからコンクリートのように和風のイメージを与えることができます。

ザラつきがある櫛目やコテによるパターンで壁をデザインすることができます。

コンクリートブロック


安藤忠雄さんの建物を数多く見られた方は、彼の作品の中にコンクリートブロックを使っている建物があることを知っていると思います。

コンクリートブロックの素地仕上げも無機質な感じがしますが、空間の質感を高めてくれる素材で木材との相性は抜群です。

ただ、モノ自体が重いため戸建て住宅の2階にこのコンクリートブロックを使うのはおすすめできません。

一階で設ける場合、床上ではなく床下の基礎から立ち上げなければいけません。

塗料による塗装仕上げ

コンクリートの色に合わせた色で壁を塗るというのも選択枝の一つです。

しかし、コンクリート打ち放しやモルタル・コンクリートブロックの素地とは質感が全く違います。

リノベーション(リフォーム)プランの参考に安藤忠雄氏の作品を見てみよう

安藤忠雄さんが手がけた作品の中で印象的なパーツは聞かれると多くの方が階段と答えるでしょう。階段なのですが神秘的な印象を受けます。

安藤忠雄さんの作品でよく見かける壁面付近のトップライト。壁面上部にトップライトを設けることでコンクリート打ち放しの壁を印象的に見せることができます。トップライトを設けることができない場合には間接照明やスポットライトで壁面を印象的に見せることができます。