家族構成の変化と間取り計画について考える


これまでに住宅やマンションのリノベーションやリフォームのプランを計画し考えさせられたことがあります。

ミキッテンダーミキッテンダー

暮らしやすい住まいというのは、時が経過することによって変化していきます。


ヒーボーヒーボー

へ・・・?
言ってることがいまいち分からん・・?


ミキッテンダーミキッテンダー

フフ。
ナイスリアクション。
時が経過することによって家族構成は変わってきますよね。
例えば

  • 結婚する
  • 子供が生まれる
  • ペットを買う
  • 子供が独立する


ヒーボーヒーボー

確かに子供が生まれると家族が増える。
そして、将来は子供部屋が必要になる。


このように家族構成が変わることによって必要な部屋数であったり機能など住まい(間取り)も変えていかないといけない。

つまり長期に渡って住み続けるということは、将来リフォームが必要になってくるということです。

将来のリフォーム負担を減らすために

家族構成が変わることによって大きくリフォーム工事をするというのは、お客様にとってすごく大きな負担となってしまいます。

この大きな負担を少しでも軽減するためには、将来的に工事規模を少なくすることにある。

つまり簡単なリフォーム工事によって家族構成の変化に対応できる間取りにするのが好ましい。しかし、将来の間取りばかりを考えてしまうと失敗の原因になってしまう。