これまでに住宅やマンションのリノベーションやリフォームのプランを計画し考えさせられたことがあります。

それは、暮らしやすい住まいというのは、時が経過することによって変化していくということです。

時が経過することによって家族構成は変わってきます。

  • 結婚する
  • 子供が生まれる
  • ペットを買う
  • 子供が独立する

といったように家族構成が変わることによって必要な部屋数であったり機能など住まい(間取り)も対応しなくてはいけない。

長期に渡って住み続けることを考えると将来的にリノベーション(リフォーム)が必要になってくることも考えておく必要がある。
これから家族構成の変化に対応するための間取りの考え方についてまとめていきます。

将来のリフォーム(リノベーション)の負担を減らすために

家族構成が変わることによって大きくリノベーション(リフォーム)工事をするというのはクライアント様にとってすごく大きな負担となってしまいます。

この大きな負担を少しでも軽減するためには、将来的に工事規模を少なくすることにある。

つまり簡単なリフォーム工事によって家族構成の変化に対応できる間取りにするのが好ましい。

この間取りの考え方については、下記「間取り設計のポイント」について具体的にしていくので参考にしてください。

将来的な間取り計画に固執しないこと

将来の家族構成を考えることは重要です。

しかし、将来案に固執するというのはリノベーション(リフォーム)の失敗の原因になってしまいます。

家族構成などの変化ばかりを考えてしまうことで、現在の生活が暮らしにくくなってしまうプランになってしまうからです。また、計画していたことが実際にそうなるとは限らないということもあります。

優先順位は現在の生活に置くことです。

家族構成の変化と間取り設計のポイント

近い将来を考えて、クライアント様の要望に応じて住まいに可変性を持たせる間取り設計のポイントについてまとめていきます。

結婚後の間取り計画

二人で暮らすようになることで、一人暮らしの時には当たり前にあった住まいのスペースが削られてしまいがちになる。書斎や趣味として使っていた部屋が代表的な例です。

二人暮らしになることで削らないといけない空間の対処としてリフォームでどのように対処するかを考える。

部屋を広く、きれいに使うためには収納スペースの確保も重要になります。

クライアント様によっては寝室を分けることもありました。寝室を分ける場合にしても一緒にするにしても、必要な広さが確保できるか。プランニングの時に要確認。

出産後の間取り計画

出産によってお子さんが増える場合、将来的な子供部屋の確保について考える。

現状では家具を置くスペースに余裕を持たせること。

寝室で寝る時以外は、お子さんとほとん時間をLDKで過ごすご家庭が多い。おもちゃや絵本、着替えといった収納スペースの確保が必要になってきます。

リフォーム(リノベーション)プランを考える時には家事の負担を軽減するため、キッチンや洗濯機など動線計画も考えること。
これまでの経験から結婚したり子供が生まれる時、I型キッチンを対面式に変えることが多いように思います。
結婚や出産によって部屋数の確保が必要になってきます。その上でI型を対面式に変える場合、面積の確保が難しくなることがある。対面式に変更して「失敗した」と思う一番の原因は、狭い空間の中でI型を対面式キッチンに変更し暮らしにくくなったことです。そのためキッチンの変更は注意が必要です。
対面式キッチンにしLDKの内装を一新するリフォーム見積費用
では、対面式キッチンに変更する場合の必要面積や費用のことも含めまとめているので将来、リフォーム予定がある方は必ず確認しておいてください
お子さんが生まれる時をきっかけに収納計画をしておきたい。
リフォームで収納スペースを造る時に知っておきたい4つの寸法
では、モノを効率よく収納するためにまず知っておきたい基本的なことをまとめています。

子供が成長することを考えて間取り計画

小学校に通う時期に個室を与えるご家庭も多い。ただ、小学生の時はLDKで宿題をするなどLDKで過ごすことが多い。

クライアント様の要望でリビングやダイニングに勉強机を設けるプランを何度か考えたことがあります。
過去にリフォーム(リノベーション)計画でリビングやダイニングにお子さんの勉強机を設置したことがあります。
以下はそのことについて具体的にまとめています。
リフォームして子供が勉強しやすいリビングにする3つのポイント

リビングで勉強机を設ける場合の考え方や配色計画についてまとめています。

解決!リフォームしてキッチンを中心に多目的なダイニングを作る
お子さんが宿題をしたり、本を読んだりすることでLDKは散らかることが多い。多目的なダイニングを作ることできれいなLDKを保つことができることについてくわしくまとめています。

子供が独立した後の間取り計画

子供が独立し空いた部屋の活用方法について考える。

趣味などに使うのが最も多い。

過去に2階部分をなくし平屋の住まいにリノベーションしたことがあります。

お子さんが独立し2階に上がることもないのが減築する一番の理由でした。

趣味として2階部分を活用したいが、階段を使うのが厳しい場合はホームエレベーターの設置。構造的な問題があり希望している箇所に設置できないことがあります。

車椅子対応タイプにするかなど生活スタイルに合わせてホームエレベーターの大きさを選ぶことです。

ホームエレベーターを設置するにあたって、昇降機設置のための確認申請を役所に出さないといけません。

この申請には現在の住まいの確認済証が必要になってきます。

親と暮らす間取り計画

2世帯住宅は暮らしの流れが異なります。クライアント様と話しをすると玄関から別にすることを希望する方が多いように思います。

暮らしてみないと分からないことが多いため、ご家族でよく話し合ってプランを考えるようにすることです。

2世帯住宅へのリノベーションを希望するクライアント様と打ち合わせをする中で個人的な考えをまとめると生活を切り離し適度な距離を取ったほうがいいように感じました。

そう感じさせた大きな要因は食事です。

親世帯は朝が早く寝る時間早い。子世帯の場合は共働きの場合、帰宅が遅く夜遅くまで起きることも時々ある。

食事の支度にしても片付けるにしてもそれぞれ時間帯にズレがありそれぞれにリズムがあります。それに使いやすいキッチンのレイアウトも違うことが多く夫の両親との同居であれば奥さんは気を遣うばかりです。
生活のリズムを考えると、浴室や玄関も別のほうが良く、親子が仲良く暮らすことと生活のなにもかもを共にすることは別だと思いました。
プランに関しては、老夫婦の住まいには段差の解消や滑りにくい素材、動きやすい動線計画、収納上部のものがとりにくくなるといった問題をなくすための収納計画などに配慮することが大切です。