木造住宅をリノベーション(リフォーム)予定のある方は要確認。在来工法とツーバイフォー工法で、できること・できないことをまとめています。

木造住宅には、大きく分けると
「柱と梁」によって構成されている在来工法

壁・床の面構造によって構成されるツーバイフォー工法があります。

工法によって内装工事ができる・できないがある。

このため、木造住宅をリノベーション(リフォーム)しようとお考えの際には、どのような構造でできているのかをまずは、確認しましょう。
では、在来工法とツーバイフォー工法の特徴と「できること」「できないこと」をまとめていきますので木造住宅をリノベーション(リフォーム)しようとお考えの方は、役立ててください。

1.在来工法

mokuzou_zairai

木造住宅のほとんどがこの在来工法でできており、軸組工法とも呼ばれています。
柱・梁・筋交いといった軸でできているのが特徴。

この在来工法の中には、「真壁」「大壁」の2種類があります。
真壁の特徴は壁面に柱がむきだしになっており、柱と柱の間は土壁。

しかし、この真壁には地震に弱いという弱点があります。

(真壁は柱の間に筋交いが入っていないため、横方向による力に弱い)

そこで、大壁の登場です。

大壁は、柱をボードで覆い隠すため、真壁と違い柱が表面に現れません。
そして、この大壁の特徴は、柱と柱の間に筋交いを設けること。

筋交いを設けることによって横揺れに強いつまり、地震に強い住宅ができあがる。

以下、在来工法についての説明は「大壁」を基準にしています。

木造住宅に多い在来工法は、柱を抜いたり移設したりすることができます。

柱を抜く場合には、梁の補強で耐力をもたせます。

しかし、全ての柱を抜けるというわけではなく、中には抜くことができない柱もあります。
その柱を「通し柱」と言い、1~2階まで通しの柱。

一般的に抜ける柱は梁によって分断されてる管柱のみです。
在来工法は、リノベーション(リフォーム)計画の自由度が高く、大きく間取りの変更をすることが可能です。

サッシの移動

外壁の窓を新設あるいは移設することはできます。
しかし、耐力壁である壁に設けることは、できません。

もし、耐力壁がある壁に窓サッシを新設(移設)する場合は、耐力壁を新たに設ける必要があります。

耐力壁:地震の横揺れに対抗するための壁。

(柱+筋交い・柱+筋交い+構造用合板などできている壁を耐力壁という)
在来工法の場合、全ての壁面が耐力壁でできているわけではなく、部分的にかつ、バランスよく配置されています。

バリアフリー工事

戸建て住宅のリノベーション(リフォーム)計画の中にバリアフリーをご検討の方も多い。
最も多いのが、床面を下げる(上げる)ことで床レベルを合わせる工事。

在来工法の場合、床束によって高さを調整し、床レベルをフラットにすることができます。
(畳をフローリングに変えるのも可能)

水廻り設備の移動

排水の水勾配によりますが、キッチン・バス・洗面台といった水廻り設備の移動は可能です。

ツーバイフォー工法

mokuzou_2x4

続いてツーバイフォー工法についてまとめていきます。

北米に用いられている工法で日本では1970年頃から導入されています。

ツーバーフォー工法の特徴は床・壁など面構造でできています。

開口部などは、構造計算によるものなので、在来工法のように間取りを変更することはできません。

(ツーバーフォー工法は主にハウスメーカーが活用している工法で、ツーバーフォーの構造計算を理解している会社にリフォームを依頼することで間取りの変更は可能ですが、当サイトでは、ツーバーフォー工法は取り扱っていないため、ここでは「できない」とお伝えしています。
お客様の安全性を考慮し、断言していることをご理解ください。)

このため、

  • 壁を撤去して住空間を大きくする
  • バリアフリーのため床を下げる
  • 窓サッシの新設(移設)
  • 水廻り設備(キッチンやバスなど)の移設

はできないとお考えください。

※バリアフリー工事で床を下げることはできませんが、上げることはできます。

まとめ

木造住宅には、大きく分けると在来工法とツーバーフォー工法の2種類がある。

構造によって相談先は変わってきます。

木造住宅をリノベーション(リフォーム)計画がある方は、まずお住まいがどのような構造でできているかを確認しましょう。

戸建て住宅をリノベーション(リフォーム)計画を進めるにあたって、どのような流れで進行していくのか?わからない方は以下を参考にするといいです。

住宅をリノベーション(リフォーム)工事計画の流れについて

一般的にどのような流れで工事計画が進められるのかを理解することができます。

住宅をリノベーション(リフォーム)工事計画の流れについて