近年では、マンションが立ち並んだり戸建て住宅の密集化によって採光が思うように取れない
太陽の光が入りにくいことで、部屋の中が暗い・・・

リノベーション(リフォーム)して部屋全体を明るくしたい!
ココでは、戸建て住宅を対象に、太陽の光を取り入れて部屋全体を明るくする方法について記載していきます。

腰窓(掃き出し窓)を設ける

腰窓(掃き出し窓)
窓というと、腰窓もしくは掃き出し窓が一般的ですよね。

プライバシーの確保と、設置する窓面から採光が得られる箇所にはこのタイプ。
(住宅が密集してプライバシーの確保が難しい。あるいは、北側で窓を設けても採光が得られない場合には、他の方法も考えたほうがいいです。)

トップライトを設ける

トップライト
太陽の光を取り入れためには、開口部(窓)を設けることになります。

開口部を設ける位置によって明るさが変わってくることはご存知ですか?

もっとも明かりを取り入れられる開口部の位置は、屋根(トップライト)です。

建築基準法28条でも、トップライトは壁面に設けるよりも、3倍の明るさを確保することができると認められています。

壁面での窓ではプライバシーの確保が難しい都市型の密集地や、北側にあるLDKや部屋をリノベーション(リフォーム)する時に採用する方法です。

トップライトは現状の屋根の一部を削り取って窓を設けることになるため、防水には十分に注意しないといけない。
勾配屋根の既製品サッシには、断熱性を考えてペアガラスにしたものや遮光用のブラインドを内蔵したものもあります。
また、通風のための開閉機能がついたものもあります。

ハイサイドライト

ハイサイドライト
ハイサイドライトは壁面の上の方に取り付ける窓のことをいいます。

天井付近に窓を設けることによって採光を奥まで取り入れることが可能になります。

トップライトと同じくプライバシーの確保が難しい立地の場合に適しています。

吹き抜けがある方は、このハイサイドライトを設けることで明かりを確保しやすくなりますよ。

開口部のタイプは、上記の3つに絞られます。

ただ、建物の形状などを上手に利用して開口部を設けることで、明かりを取り入れることもできます。
建物の形状などを上手に利用して開口部を設ける

建形状などを考慮し、開口部を設けて部屋を明るくできたらと考えている方は、施工会社(工務店物・リフォーム会社・建設会社など)や、設計事務所に相談するといいでしょう。

まとめ

開口部を設けることによって部屋を明るくすることができます。
窓を設ける計画をしている方は、どの位置に設けるかも考えておきましょう。

住宅をリノベーション(リフォーム)して部屋を明るくするためには、開口部を設ける以外にも部屋の色を明るくするという方法もあります。

住宅をリノベーションやリフォームし開口部を設けることで部屋を明るくしたい。
しかし、工事計画や費用について、どこに相談したらよいか分からない方は、リノベーション・リフォーム見積お役立ち隊がサポートしますよ。

当サイトは
「自分たちが作り出す考え方に最高の価値がある」
と信じ
「当サイトに関わりある全ての人が最高の状態へと変えていく」
ということに信念を持って取り組んでいます。

このことについては
戸建て住宅のリノベーション・リフォームを考えている方はコチラ
で詳しくまとめています。

まずは
どのような利用価値があるのか?
どのように進めていくのか?
について知ってください。

当サイトの流れと利用価値について

button_002