鉄骨は木材に比べて強度が高く、耐震性においても優れているため、鉄骨造の戸建て住宅をリノベーション(リフォーム)することで、大きい住空間を作ることができます。

また、工場で生産・加工しているため、品質が安定しているのも特徴の一つです。

ただ、構造によって制限されることもあります。

鉄骨造にはどのような構造のあるの?

1.ブレース構造
2.ラーメン構造

この2つの構造に分けられます。
では、この2つの構造について詳しく見ていきましょう。

1.ブレース構造

ブレースというのは筋交いのことで、柱と柱の間を対角線上に取り付けられた補強部材。

steel-2

これは木造にも適用されている構造です。

軽量鉄骨では、ほとんどがブレース構造を採用。
柱と柱の間に交わされたブレース(筋交い)は耐震壁と呼ばれ、地震や風など水平方向に加わる力に耐える役割があります。

このため、ブレース(筋交い)を撤去することはできません。

全ての壁面にブレースが組まれているというわけではなく、バランスよく要所に設置されているのですが、図面上に記載されていないことがあります。

リノベーションにより壁を撤去するとブレースが現れることがある。

もし、空間を広くするため壁を解体した時、ブレースが現れたら、計画を変更しないといけないとお考えください。
(壁は撤去しブレースを残した状態で、アーテスティックに見せることができます。
ブレースがあるため、通り抜けることはできませんが、工夫一つでインテリアになり開放感を持たせることができます)

ブレース構造は、後ほど解説するラーメン構造の柱より小さい。

2.ラーメン構造

戸建て住宅の重量鉄骨は、ほとんどがラーメン構造を採用。

ラーメン構造は、柱と梁を一体化し水平方向による力を負担しています。

steel-1
ラーメン構造はブレース構造と違いブレース(筋交)はありません。
また、この構造の特徴として、柱の本数が少なく、その上、大きい空間を作ることができます。

しかし、ブレース構造より柱のサイズは大きいですが、ブレースがないため、自由に計画することが可能。

外壁の開口部

窓サッシの新設(移設)は可能?

軽量鉄骨では、外壁材にパネルを採用している住宅が多い。
このパネルを取り付けるのに、下地がいります。この下地を鉄骨で組んでいる場合、組み替える必要があります。

また、窓サッシを移設するとなると、新しいパネルを取り付けることになり、仮に模様が同じであっても新しいパネルと、古いパネルが目立つことがあります。

(上から塗装することができるパネルなら問題ないですが、塗装できない場合は見栄え的にいいものではありません)

重量鉄骨では、ALCもしくはアスロックがという材料が用いられていることが多い。

ALC・アスロック共に窓サッシを設ける際には補強がいります。

このため、窓サッシを新設(移設)する場合、手間が掛かり、費用は高くなる。

サッシを設けるなど、外壁に手を加える際、外壁が塗装仕上げであれば全面塗り替えをおすすめします。

(手を加えた部分が目立つため)

水廻り設備の移設

排水管の勾配がとれれば、キッチンやバスなど水廻り設備の移設は可能です。

2階にキッチンやバスがある場合、スラブと床の仕上がり高さにより移設が難しいことがある。

まとめ

鉄骨造には軽量と重量があり、主に軽量鉄骨ではブレース構造。
重量鉄骨ではラーメン構造が採用されてることが多い。

ブレース構造の場合、ブレース(筋交い)は撤去できない。

ラーメン構造は柱のサイズが大きいですが、大きい空間を作ることが可能。
button_top1