鉄筋コンクリート造の住宅をリノベーション(リフォーム)。「できること」「できないこと」を知っておこう。

鉄筋コンクリート造は、文字の通り鉄筋とコンクリートでできています。

鉄筋:圧縮力に弱い
コンクリート:引張り力に弱い

ミキッテンダーミキッテンダー

双方の弱点を組み合わせることによって補っている鉄筋コンクリート造(RC)は耐久性に優れています。
この鉄筋コンクリトート造(RC)には2種類の構造がありそれぞれの特性についてこれからお伝えしていきます。

2種類の構造とは

1.ラーメン構造
2.壁式構造

2-1.ラーメン構造

ラーメン構造は柱と梁によって建物を支える構造。
柱と梁の接合部がしっかりとつながっていることで、耐力壁や筋交いを入れなくても、耐震性を確保できる。

ramen

ターボーターボー

ラーメン構造の特徴は、柱と梁によって建物を支えているため、建物内部に耐力壁を設ける必要がない。そのためスケルトンリフォームによって、間取りを大きく変えたり、大空間を作り出すことができます。

しかし、柱部分が壁面から飛び出ているため、家具を置くなどレイアウトに困ることがある。

同様に、梁部分が天井面より飛び出ていることがあります。天井面であるため物を置く際に支障とはなりませんが、デザインに影響を与えます。

2-2.壁式構造

壁式構造は、壁面によって耐力をもたせる構造。
壁は耐力壁であるため、撤去することはできません。

kabesiki

ターボーターボー

この耐力壁は外壁だけでなく建物の内部に設けられています。そのため、スケルトンリフォームで、既存の壁を撤去する際、建物内部に設けられている耐力壁は撤去することができないため、間取り変更しにくいデメリットがあります。

撤去できる壁は、鉄筋コンクリート造の壁以外。LGS+ボードによってできた壁などは撤去できます。

しかし、ラーメン構造のように壁面から柱型が飛び出ていたり、天井面から梁型が飛び出るというようなことがないため、家具などを置く場合、レイアウトしやすい。

窓・扉などを移設(新設)

既存の窓や扉の位置を変更して新設することはできるか?

このことは、構造によって変わってきます。

ラーメン構造の場合は、柱と梁によって建物を支えているため、外壁に窓や扉を移設(新設)することは可能です。(建物の状況によってできないこともあります。)

しかし、壁式構造の場合は壁面によって耐力をもたせているため、窓や扉の移設(新設)はできないものとお考え下さい。

窓や扉一つを移設(新設)する時、多くの工程が必要であるため、費用や工期は大幅にかかってくることになります。

カラーフッテルカラーフッテル

サッシの取り換えであれば、ラーメン構造・壁式構造とも可能です。

マンションリフォームの場合

マンションでは、リフォーム(リノベーション)によって外壁の窓・扉を移設することはできません。管理規約によって共用部のリフォームは禁じられています。
詳しくは
マンションリフォーム・リノベーション【できること・できないこと】
をご覧ください。

リフォームについて相談したいけど、どこに相談すればよいか分からない

鉄筋コンクリート造のリフォームについて相談したいけど、信頼性あるリフォーム会社を知らない・・。

多くの方が同じようなことで悩み計画を前に進めることができません。

リフォーム会社探しで悩んでいるのなら、【事業者団体】に相談してみることをおすすめします。
相談するリフォーム会社の選び方【初めてでも安心のココから】
で詳しくまとめていますので役立ててください。

まとめ

鉄筋コンクリート造の戸建て住宅をリノベーション(リフォーム)する場合、
ラーメン構造
壁式構造
どちらの構造でできているかをまず把握していきましょう。

水廻り設備(キッチンやバスなど)の移設は可能ですが、排水管を床下に配管する場合、勾配を確保する必要があるため、床を上げなければいけません。
リノベーション・リフォームをする際にトイレを移動できる?