ミキッテンダーミキッテンダー

リフォーム計画というと間取りや工事費用のことで頭がいっぱいになると思います。

ヒーボーヒーボー

以外に何か考えないといけないことってあるんですか?


ミキッテンダーミキッテンダー

あります。
プランや見積りのことだけでなく、工事が終わった後のことを考えるのも大切です。そこで知っておきたいのが保証と保険。
ここでは、このことについてお伝えしていきますね。

保証期間(内容)はリフォーム会社によって変わる

過去にテレビであったりエアコンなどの電化製品を購入したことがあるかと思います。その時に保証書というものが付いていましたよね。

購入した電化製品が動かなくなった時に無償で修理してくれることをまとめた保証書。ちなみに無償で修理してくれる期間は、限られています。電化製品は大抵が1年の間だけ。この1年の期間を過ぎると、壊れた時は、実費で修理することになります。

では建物の場合はどうなのでしょう。

新しく家を立てる新築工事の場合であれば、10年間の瑕疵の保証というものがあります。

しかし、リノベーション(リフォーム)は新築工事と違い保証期間は、リフォーム会社によって異なると認識しておきましょう。

つまり、A社は保証期間3年。対してB社は2年。というように各リフォーム会社によって保証期間はことなります。

また、建物の部分によって異なることもあります。例えば外壁の塗装は7年。柱・梁など構造上重要な部分の保証は4年。壁や天井・床の仕上げであれば1年というように部分によって保証期間が異なることがあります。

契約時に施工会社と保証について決め事がなければ民法によって1年の期間となります。

保証には「住設機器」と「リフォーム工事」で分かれている

保証について考えなけれはいけないのは、「リフォーム工事」と「住設機器」。

リフォーム工事
<例>
屋根が雨漏りすることでリフォームによってやり替えた。しかし、1年後に雨漏りしていることが判明。
リフォームによって建物を工事し、その部分に不具合があった場合、保証期間内であれば無償でその不具合箇所を直してもらうことができます。(保証内容は必ず確認すること。)

この保証は工事を行うリフォーム会社と交わすことになります。

「住設機器」の保証は?

住設機器というのは、キッチンであったりユニットバス・洗面化粧台・トイレなどのことです。
お湯を出したいのに出てこない。水漏れがあるといった不具合が生じた場合は、リフォーム会社ではなくメーカー(TOTO・LIXILなど)と交わす保証書が必要になります。

リフォーム会社と契約を交わしたからといって、TOTOなどメーカーから出されたキッチンやユニットバスの保証書がいらなくなるというわけではありません。

「リフォーム工事」「住設機器」の保証は分かれているため、それぞれの保証書は大切に保管しなくてはいけません。

瑕疵保険についても考えてみよう

瑕疵保険というのはご存知ですか?この保険に加入することによって、リフォームを行った工事全てがアフターメンテナンスの対象範囲となっています。

期間に関しては、間取りを大きく変えたり外壁・屋根の工事を行った場合、構造耐力上主要な部分・雨水の侵入を防ぐ部分に対しては5年間。その他の部分には1年間。

この瑕疵保険というのは事業者が加入するもので、調査や補修に対し保険金が出るため工事する会社は安心してメンテナンス工事を行うことができます。
また、工事を依頼したリフォーム会社が倒産した場合の対策にもなります。もしリフォーム会社が倒産したらお客様は、保証についてどこにも請求することができません。しかし、この保険を導入することによって保険会社に請求することができます。

また、保険に加入することによってリフォーム会社が手抜き工事をしていないか?工事中や完成時に第三者の専門の人による工事検査が行われます。
リフォーム瑕疵保険に登録している事業者をどこで調べればいいの?
以下のサイトでは全国を対象にリフォーム瑕疵保険に登録している事業者を調べることができます。
瑕疵保険 登録事業者

リフォーム会社を選ぶ時は保証内容(期間)も含めて考えよう

各リフォーム会社との意見交換は、リフォーム費用など以外にも保証内容やアフターメンテナンスに対する考え方を具体的に知ることができます。
複数のリフォーム会社の中から1社を選ぶ時、リフォーム費用や相性などだけでなく工事後のアフターメンテナンスについての考えを含め選ぶことが大切です。(保証内容や期間はリフォーム会社によって異なるため各リフォーム会社に説明を求めましょう。)

まとめ

保証内容や保証期間は施工会社によって異なります。このため、各施工会社とよく話あい保証内容について詳しく説明してもらいましょう。

そして、施工会社を決める時には、工事費用やプランの内容だけでなく、この保証内容も含めて考えることが大切です。

設備機器(ユニットバス・キッチン・トイレなど)では設備メーカーによる有料の延長保証サービスがあります。他にもメーカーとは別に保証サービス会社がありメーカーによる保証期間が終わっても、メーカー保証と同等のメンテナンスサポートを受けることができます。

また、「建物の工事」「住設機器」が別れた複雑な保証を一括で引き受けるサービスもあり、このような保証制度をうまく活用しながらリノベーション(リフォーム)計画をしていくこともできます。