mitumori1
マンションや、戸建て住宅、店舗などのリノベーション・リフォームをするにあたって、費用を知る見積書の確認は、計画を進める上で欠かせないもので非常に重要な過程の一つです。
この見積書ですが、多くの方が「トータルの工事費用はいくら?」ということだけチェックする方が多い。
見積書が出された後は、下記に記載されていることを確認するすることが重要です。

1.リフォーム工事の見積書に記載された一式という表現

見積書の中には、各工程ごとに見積り金額が記載されています。
見積りは、木工事や内装工事、塗装工事、住宅設備工事などそれぞれの工事価格を出して作成されます。
その中で、「一式」という表現は非常に曖昧で、どこからどこまでの工事を意味しているのか分かりません。
もし、見積書に「一式」という表現があった場合には「一式と明記されている内容を具体的にしてください」と伝えるようにしましょう。

各施工会社(工務店や建設会社)によっては、最初に概算見積を出し、その後に正式見積書を出すという流れのところもあります。
概算見積書の場合は、内訳は詳しく書かれておらず、「一式」でまとめられていることが多いです。

※概算見積の場合はどうして「一式」でまとめられているのか?
理由は、建具(扉など)の材質・壁の仕上げ・フローリングの等級など具体的に決まっていないからです。

1-2見積書の押さえておくべき箇所

mitumori2

赤枠で囲まれている中で【単位】の所をチェック。
上記の写真では単位の項目には【㎡】と記載されていますよね。
この項目が【式】になっていることがあります。

<以下参考例>
各施工会社の見積書の書式によって若干の違いはありますが項目は以下のようになっています。
この中で
【単位】の項目が「式」となっていますよね。
【品名】の項目には「間仕切り工事」と記載されています。

 品  名  規  格 単位  数量  単価  金額
 間仕切り工事  1
この【間仕切り工事】の中には、【金属工事】と【クロス工事】の内容が入っています。
金属工事とクロス工事を【1式】でまとめ【間仕切り工事】とされています。

このように【1式】でまとめられている項目があれば、その内訳を記載するよう施工会社に伝えてください。

下記は、【金属工事】と【クロス工事】の内訳の例です。

  品  名  規  格   単位  数量  単価  金額
 【金属工事】
間仕切り下地 65sT303P  40  2,600 104,000
間仕切り壁 石膏ボード12.5mm  80  1,400 112,000
【クロス工事】
クロス貼り 1000クラス 120  830  99,600
ソフト巾木 H=60mm 60  400  24,000
【間仕切り下地】の項目を確認する場合
65STの部材が40㎡設けられられる。
単価2600円x数量40㎡=104000円の費用がかかることになっています。
この中で分かりにくい用語があるかと思います。
【間仕切り下地】の左隣の項目に【65sT303P】と記載されています。
この65sTというのは「65幅の間仕切り下地」
↓参考写真
st
【65sT303P】の303Pというのは30cm間隔でST(スタッド)を設置しますよという意味です。
このST(スタッド)の表と裏面に石膏ボード(壁材)が貼り付けられていきます。
見積書が施工会社さんから提出されると、見積書に対する説明を受けることになります。
この時、分かりにくい専門用語などありましたら、質問し回答を得るようにしてください。
この説明を受ける時の施工会社さんの対応は、しっかりと見ておいてくださいね。
丁寧に答えてくれるか?あるいは、面倒そうに答えているか?
見積書に記載されてる金額だけを確認するだけでなく、施工会社さんとのやり取りもしっかりとチェック。
リフォーム工事を依頼する施工会社を最終的に1社へと絞る時の重要なポイントになります。
見積書の書式や、まとめ方は施工会社によって異なります。
上記で記載している見積書の記載例が全てにおいて共通しているわけではありません。

2.見積書の内容は必ず確かめる

上記でも記載しておりますが、施工会社から見積書が出されたら、不明な点、疑問に思う点などは残さないように、内容を細かく説明してもらいましょう。
見積書の確認の際には、図面と照らし合わせながら確認してください。
壁の仕上げ材の品番、設備(キッチン・ユニットバスや、洗面台など)の品番など明記されているか?図面との食い違いなどないか確認する他、施工会社さんとの相性や対応の仕方も見ておいてください。

3.何社ぐらいに見積をお願いすべきか

3社~5社程度がいいでしょう。10社などあまり多すぎると断る時が大変ですし、見積金額や内訳を比べるのも大変です。
また見積書を作成するのは機械ではなく人です。あまりに駆け引きが多いと感じさせると、お客様に本音を出さないといったことも考えられます。
概算見積を依頼するのに3~5社程度。そこから打ち合わせをし2~3社に絞込み最終的に1社に絞っていく流れです。

最終的に1社に絞っていくわけですが、どこに重点を置くべきかを下記でまとめているので、参考にしてください。

  1. 要望にマッチしたプラン(デザイン)と見積金額
  2. 予算オーバーの時の柔軟性がある提案力
  3. お客様と施工会社の相性

上記4つに重点をおいて比較し決めていくといいでしょう。

もちろん会社の規模や、歴史・企業理念や価値観といったことも大切ですが、こういったことは資料を見れば分かることです。
最終的に1社に絞る時は、打ち合わせをした後でしか分からないことがあります。それが上記4つであり最も重要なポイントです。

4.相見積もりは取ったほうがよいのか?

相見積もりは取るべきです。

相見積もりを取るメリットは、比べることによって他の見積書との価格の差や、内訳の違いを把握できることができます。

また、相見積りの良いところは単に金額を比較するだけに限らず工務店やリフォーム会社の特徴を知ることができたり、相性を知ることもできます。

この相見積りをする上で知っておいたほうが良いポイントがいくつかあります。
相見積りでリフォーム費用を比較する時に重要な8つのポイント
では、そのポイントについて具体的にまとめているので、これから見積書の依頼をされる方は見ておいてください。

4-1価格だけで判断してはいけない

多くの方が相見積もりを取るメリットは費用が安いところを選べる。
というところに重点をおきます。
確かに、リフォーム費用が安いに越したことはありませんが、決して工事価格だけを判断基準にしないように。
理由は、値引き競争になってしまうからです。値引きの競争になると、使う部材や職人さんの公費にしわ寄せがいきます。
ただ、リフォーム費用が安いというのは、依頼するかどうかのポイントです。ここで施工会社の出方を見ます。
○○万円までが限度です。
とハッキリと答える会社はOK!
職人さんの工費や、工事、材料のことをしっかりと考えている会社と考えられます。逆に、お客様が提示する値段でという風にどこまでも値引きしていく会社は、おすすめできません。

5.見積書が出された後の最終調整

正式見積書がだされ、予算と折り合いが合わない場合には、工事内容を再検討し調整しなければいけません。
工事金額を下げるためには、キッチンやユニットバスや、壁の仕上げ材料のグレードを落とし調整していきます。
キッチンやユニットバス。洗面台・トイレなど設備関連は、どのような機能があるかによって値段は異なってきます。
必要な機能は何か?それほど必要でない機能は何か?をハッキリさせること。
仕上げ材は材料や工法によって値段を落としていきます。
(仕上げ材のグレードを落とすことによって価格は抑えられますが、マンションリフォームの場合は、管理規約が最優先となります。
例えば、壁の仕上げをクロス貼りとした場合【不燃性のクロス】と管理規約で定められていたら不燃性のクロスを使用しないといけません。)

まとめ

見積書はリノベーションやリフォーム工事の費用の目安となります。
抜けている箇所はないかを確認。
分かりにくい専門用語などあれば、そのままにせずに質問し説明してもらいましょう。
この時、施工会社の対応は要チェック。
最終的に1社に絞るときの判断材料となります。
見積書というと単に金額だけに目がいってしまいますが、内訳など内容も確認することが大切です。

リフォーム見積お役立ち隊では、匿名により施工会社(工務店や、建設会社など)により概算見積りを出してもらいます。
施工会社とのやり取り後に、お客様が気に入った工務店や建設会社に自宅に来てもらい、現地調査を行う流れとなっています。
現地調査をした後、お客様の要望・図面の訂正を踏まえた上で、正式な見積書が出ます。
もしお客様のほうで「一式」という表現でまとめられていることを確認した場合、詳細の説明を求めるようにしてください。
(正式見積は、当サイトでも確認し、あいまいな表現で明記されている場合、具体的に記載するよう指示します)