「子供が勉強に集中できる空間って?」このようなことを考えたことは、ありませんか?

子供部屋で勉強するほうが集中しやすいのではと思いがちですが、統計によると自分の部屋に入って勉強するようになるのは中学生以降が多いようです。

リフォームによってLDに子供の勉強スペースを設けるなら

子供が小学生のうちは、自分の部屋で宿題などをするより、リビングやダイニングテーブルを活用することが多いということはご存知でしたか?

あるテレビで東大生に「どこで勉強していたか?」という問に対し「リビング」と答えたことが教育雑誌などで取り上げられ積極的にリビングでの学習を取り入れている親も多いようです。

小学生のころは自分の部屋で勉強するよりは、リビングやダイニングで親や兄弟と会話しながら勉強したほうが記憶に残りやすいと答える心理学の専門家がいます。

また、「子供は孤独な環境で勉強しないことが大切だ」と伝える建築家もいます。
では、リビングやダイニングに子供の勉強するスペースを考る際に、どのようなリノベーション(リフォーム)プランにすればいいのいかについて考えていきましょう。

子供が学校からの帰宅後に宿題や予習・復習を行う時間帯は、お母さんが食事の準備を行う時間帯と重なることが多いのではないでしょうか。

このような理由から、子育て世代から人気なのが対面式やアイランドタイプのキッチンです。料理をしながらリビングやダイニングを見渡すことができますし子供との会話もしやすくなりますし、キッチンカウンターに椅子を設けることで宿題をする場としても活用することができます。
I型キッチンから対面式にリフォームする場合、面積が確保できるかが重要な課題となります。対面式にリフォームして失敗したと思う一番多い理由は面積的な事なので要注意
対面式キッチンにしLDKの内装を一新するリフォーム見積費用
見積費用についてだけでなく注意したい内容も盛り込んでいるので役立ててください。
具体的に子供が勉強するスペース(机)をどこにするか?で多くの方が悩みます。多くのケースがダイニングテーブル。最近ではLDKと一体の和室を子供の勉強スペースに割り当てるという家庭も多いようです。和室は落ち着くスペースなので集中する場には適しています

勉強する机はどうする?【リフォームによって集中しやすい場をLDKに作るなら】

リビングやダイニングテーブルを使って勉強するのもいいですが、文房具や教科書・消しゴムのカスなどが散らかっているとお母さんが大変です。

また、教科書などに醤油などがついてしまったということもあるでしょう。

このため、リビングやダイニングテーブルとは分けて勉強できる机を設けることで対応できます。

同じ空間内であるにしても勉強するスペースを少し分離することで集中力アップにつながり、メリハリもでてきます。

そこで考えないといけないのが、勉強に使う机

リフォームした後で家具屋さんに足を運びリビングやダイニングに勉強机として活用できそうな机を探し購入するというのもありですが、スペースの有効活用やリビングのデザインを崩さないよう勉強机を設けるためには、造作(オーダーメイド)を取り入れるのが理想的です。

造作(オーダーメイド)によって制作する家具などは、機能性を持たすことができます。例えば普段は壁面収納であったり飾り棚(本棚)だったのが勉強机としても活用できる機能性をもたすことができます。

特に狭い空間の中でいかに空間を有効的に使うかを考えると、造作(オーダーメイド)で対策することで解決することが多い。造作(オーダーメイド)はデザイン性だけでなく機能性をも兼ね備えた家具を制作することができます。
DIYで家具の制作を考えている方は、とにかく金具をいかに上手く使うかを考えてください。金具を上手く使うことで機能性を持たす家具を制作することができます。
家具向けの樹種については、フェイスブックページでまとめているので木を選ぶ際に参考にしてください。
家具の制作に向いてる樹種について
現在リフォーム計画を進めている方の中で、リビング(ダイニング)に勉強机がほしいとお考えの方は予算との兼ね合いもあるでしょうが造作(オーダーメイド)を取入れたプランを設計事務所やリフォーム会社(工務店)などに相談してみることをおすすめします。
壁面収納や造作家具と勉強机を一体に考ることで空間のデザインの見栄えはよくなりますし子供の勉強用だけでなく、お母さんやお父さんのちょっとした書斎としても活用することもできます。

色と心理【勉強(集中)しやすいカラーをリフォームプランに取入れる】 

リノベーション(リフォーム)を考る際、壁や天井・床の仕上げ材料と共に「色」についても気を遣うと思います。色をうまく使うことによって集中力をアップさせることが可能ということをご存知ですか?

以下に色が人に与える心理的な効果についてまとめているので参考にしてください。


◆オレンジ色・・陽気になる。整理整頓ができる。緊張を和らげてくれる。エネルギーと開放感を与えてくれる

◆緑色・・疲れたこころと体を癒すリラックス作用があり疲れた目を休ませる。緊張の緩和。

◆赤色・・活力を感じ前向きになる。興奮を促す。関心をあつめる。

◆青色・・集中力を高める。興奮をおさえて気持ちを落ち着かせる。睡眠の促進。

◆紫色・・感性を豊かにする。集中力を高める。緊張の緩和。

◆黄色・・集中力を高める。脳が活性し頭の回転が早まる

◆白色・・気分を一新させる。清潔な印象を与える。広さを感じる。

◆黒色・・力強さ・高級感を与える。重く感じる。
配色については、色の組み合わせは多くても3色までとしたほうがいいです。あまり色の組み合わせを多くしてしまうとまとまりのないデザインとなってしまいます。

ちなみに、集中力を高める色として良いのが「水色」です。
造作の壁面収納に机を盛り込むプランの例として以下のパースを参考にしてください。
机を使わないときには、折たたみ使うときになったら倒して机として機能させます。集中力アップに良い配色は水色です。造作の棚板はホワイトとしていますが木の色を活かした塗装もいいですね。部分的に水色を使うことによってインテリアにもなります。

逆に集中の妨げとなるのが、赤色です。関心を集める作用によって集中しにくく思考力が低下してしまうと言われています。

まとめ

リビングやダイニングは多目的に使われることが多い空間です。

LDKをこれからリノベーション(リフォーム)しようと考えている方は、家族構成や普段の生活習慣からプランを考えていきましょう。

造作によって壁面収納を設けることでLDKのデザインを上手く統一することができますし、モノをしまえる設計であるため綺麗なLDKを保つことができます。

上記でも記載していますように、お子さんが小さい頃は宿題などは、リビングやダイニングで済ますことが多いのでお子さんの普段の生活習慣を振り返ってみてください。そしてリフォームに合わせてお子さんが勉強できる机を設けるか考えてみましょう。
リフォーム計画を考えるならプランとセットで費用がどのくらい必要なのか気になるところではないですか?

参考に以下をご覧ください。

和室をなくしLDKを広げ壁面収納を設けるリフォームの見積費用

和室を使わないことから、リフォームやリノベーションの要望に「和室をなくす」とよく記載されています。上記では、和室をなくした分LDKを広く取り壁面収納を設けるプランを前提とした見積費用について詳しく記載しています。

【水回りリフォームの見積費用】バリアフリーと内装を一新する
バリアフリーを含めて水回り(トイレ・洗面室・浴室)の設備機器を新しくし内装を一新する場合の見積費用についてまとめています。